チラシ

[大分県佐伯市]インバウンド用のフライヤーデザイン

 大分県佐伯市にあるビジネスホテルのインバウンド用のフライヤーデザインです。 ビジネスホテルサンセイ様のA5両面チラシ(表面English、裏面Japanese)を制作させていただきました。誠にありがとうございます(^^) ホテルの仲矢社長には、以前から名刺制作などで大変お世話になっております。その仲矢社長がこの度、佐伯市の旅館組合組合長に就任なさりました。誠におめでとうございます。 大分県佐伯市は、インバウンドに力を入れ始め仲矢社長もそれに先駆け「ハングル語のチラシを作りたい!」と依頼を受け、最終的には共通語である英語版で制作することになりました。 インバウンド(Inbound)とは?外国人が訪れてくる訪日外国人旅行のことを言います。日本ではインバウンドが盛んになり始めています。 佐伯市では、「九州オルレ・大入島コース」を作り市の活性化を目指しているため、インバウンド用のチラシの必要性が出てきました。 「オルレ」とは?韓国・済州島から始まったもの。済州島の方言で「通りから家に通じる狭い路地」という意味。自然豊かな済州島で、トレッキングする人が徐々に増え、「オルレ」はトレッキングコースの総称として呼ばれるようになったそうです。 元祖オルレの九州版が「九州オルレ」。九州のいたるところに、コースが設けられていて観光客に大人気となっています。 ビジネスホテルサンセイさんは、ホテルの入り口に、英語・ハングル語・日本語で「おかえりなさいませ」の文字をステッカーで貼り着々とインバウンドに向けて展開しています。 しかしながら、英語版で制作というのは、本当に色々大変!初校の段階では、Google翻訳で訳した原稿を流したり、自分で調べたり。その後は、ネイティブ英語ができる方々の協力を経て修正を繰り返しました。 このチラシも、空港や外国人が訪れる場所など仲矢社長が自らまわり、あちこちに置いていただいているようです。みなさんも、見かけたらお手にとってみてくださいね(^^)/ >ビジネスホテルサンセイ様の名刺制作事例  佐伯市に宿泊される方は是非、ビジネスホテルサンセイへ! 〒876-0852 大分県佐伯市常盤南町9−4Facebook 0972-22-2782  ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////  2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時ダマリも出展します! <印刷物制作アドバイス>フェスタ特別価格/1枠20分…2000円詳細・ご予約はこちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP