ダマリ紀行

[日本_奄美大島]運動会は親戚一同が集まる大イベント

 最近、運動会の様子がFacebookタイムラインで上がってくる。お母さんたちの美味しそうな手作り弁当がとても良い。早起きして作るお母さんたちの姿を想像すると愛おしい。 そんな運動会。ダマリが小中学生だった時の運動会は、親と祖父母が来てくれるのが普通だった。他の地域はどうなのだろう? ただ、奄美大島に限っては親・祖父母だけにとどまらず、親戚・親の友人たちまでもが集まり小学校の運動会は大イベントとなる。(ただ、飲んで騒ぎたいだけなんだと思うけどw) 奄美諸島は、大きく分けて奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島と5つあるわけだが運動会にわざわざ船に乗って、離島から本土へ渡ってくる親戚もいるくらいなのだ。 お祭りが好きな気質なのだろう。チヂンを叩いて孫を応援する祖父母たちの姿も見る。 ダマリも奄美に住んでいた頃、いとこの運動会がある日は楽しみだった。ピクニック気分でビールを買い込み、お昼前にグラウンドに着くようにする。大人たちは、子どもそっちのけ(!?)で宴会状態w 青空の下で広げられたお弁当を、みんなでつつくのは、とっても美味しい。  ダマリは、両親が小学5年で離婚していたため運動会のお昼の時間がとっても寂しかった。家族でわいわい盛り上がっている中、ダマリは弟と父・祖母の4人でお昼を食べていた。 寂しかったけど、ばあちゃんが作る弁当は美味しかったし仕事の休みをとって、カメラをぶら下げ来てくれる父にとても感謝していた。 寂しかった運動会のお昼時間も味わっているし、奄美では大勢で楽しむお昼時間も味わった。 いとこの子ども達が、毎年走って踊ってグラウンドで活躍する姿をみると親心のように涙が出た。子どもの成長って、本当に輝きに満ちて素晴らしい。 みなさんにとって、良い運動会となりますように。  

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP