日記

この時期の朝、クロネコバイトを思い出す

  母が亡くなった年の夏。ダマリは、実家で3ヵ月ほど心の修復をしていた。 デザインの仕事も今よりだいぶ少なくて「短期集中バイトないかなぁ〜」と新聞をみていると実家の町にあるクロネコさんが、夏の短期バイトを募集していた。 夏は、お中元などのギフトが増加するためその振り分け作業補助のバイト。朝の6:00~9:00までの3時間。7月中旬から8月中旬お盆前まで4週間。  AM6:00 朝、出勤するとクロネコ倉庫内に、カートに沢山の荷物が積まれている。それを、伝票の住所をみながら配達区域ごとにホイホイと分けていく。ベテラン10年選手Sさんが「A」「B」と区域を言って荷物を渡してくれるのでそれを受け取り、カートに振り分けていく。 Amazonやzozotownの箱が多かった!ま、箱だけ大きい見掛け倒しが多かったけど。 一番嫌だったのが、水とゴルフバッグ。これが重い!!あとは、お中元ギフトの果物は、慎重に取り扱った。 そして、他の区域と違う特殊なものもあった。実家がある町は、鹿児島空港があるので空港関連の荷物も多い。 旅人の旅行バッグ、ゴルフバッグ。お土産屋の商品、飛行機などの部品や機材。  AM7:00 社員さんたちは、7:00頃出勤してくる。各自配送車を倉庫に横付け。そこへ、仕分けしたカートをガラガラと運ぶ。 車に積み込むのもお手伝い。積み込みの際に、配達伝票を1枚ずつはがす。地域ごとに伝票をわけて、ドライバーへ渡す。荷物の積み方も区域ごと、住所ごと。 だいたい車に全員が積み終えたぐらいに、冷蔵、冷凍のものを素早く仕分けして、クーラー便の車に載せる。結構この仕分けが、涼しくて好きな時間だった。  AM8:00 全ての仕分けが完了した8:00頃。倉庫の清掃をする。ひととおり、倉庫内を掃く。その間、社員さんたちは社訓を唱えたり、体操や、ミーティングをする。  Before AM9:00 だいたい、9:00までには、社員さんたちは配送へ出発。「いってらっしゃい!」と朝日に向かう配送車を送り出す。なんだか、この光景が誇らしげに感じた。社員さんたちが、すっかりTOKIOに見えていたwww 9:00までに少し時間があまると、破損している荷物や誤送されてきた荷物を仕分けしたり、事務所から送る荷物のダンボールを用意していた。ダンボールの種類が沢山あるため、結構大変。 そして9:00。タイムカードを押して「おつかれさまでした〜!」  まとめ ダマリは、朝が苦手なタイプ。無理やりクロネコバイトをすれば強制的に起きざるを得ないし、朝から体を動かしてダイエットにもなる!と思い切ってはじめてみた。 朝5:00に起床だなんて、ダマリにとっては奇跡に近い。だけど、愛猫ヒラが、夜明けと共にニャ〜ニャ〜言い出すのでいい目覚ましがわりだった。 おまけに、早朝バイトは朝の短時間で稼げるし帰宅しても、まだ9:00台。朝から時間を有効に使えるって、本当に良い。 だけど、短期間だからきちんと続けられた。これが、冬のお歳暮仕分けだったら外は暗いし、寒いし、起きられない………。 夏になると思い出すエピソードだ。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP