名刺・カード

[大分県大分市]バッグ作家さんのロゴ・ショップカードデザイン

貴女の「好き!」に響くバッグやポーチなどのオーダーを受け賜るSweet Rin さんのロゴ・ショップカードデザインです。 バッグ作家Sweet Rinの的野さんよりロゴとハガキサイズショップカードのデザイン制作ご依頼をいただきました。誠にありがとうございます(^^)Facebookのメッセンジャーにておおまかな話を伺い、後日、直接会って打ち合わせをすることになりました。 その時に聞かせていただいた的野さんの想いと次々と作品を作り出す情景が目に浮かびダマリの頭の中で、ショップカードデザインは出来上がっていました。 「オリジナルの刻印を作りたい」とお話を伺い、最初にロゴ制作にとりかかりました。 ●刻印ロゴ 鳥をモチーフに作りたい!とご要望があったので、作りやすかったです。尾羽根がハートというのが自分でも気に入っています。 皮に刻印されたロゴ。こんなに忠実に刻印が作れるなんて!素晴らしい〜。 書体も鳥も、「丸い感じで、幸せを溜め込む感じ」と的野さんが的確な指示をしていただいたのでこんなにかわいく仕上がりました。   ●ショップカード表(ハガキサイズ) 「バッグを作っている」というシズル感を出したくてミシンの前に座る的野さんの写真を用意していただくようお願いしました。 ダマリの母も、暇さえあればミシンの前に座っている人だったのでトトトトトトトトトトト…と走らせるミシンの音がするようなデザインを心がけました。  ●ショップカード裏(ハガキサイズ) アパレル関係のカタログやチラシを制作していた時期があり的野さんと打ち合わせをしている間に、このデザインは頭に完成していました。 的野さんが美的感覚に優れている方なので写真撮影の仕方もとても上手で助かりました。 バッグなどの商品を載せるときは商品の写真と、その商品を使っているモデルさんの写真は必須です。 的野さんは、オーダーを受けてからバッグの形・色などを、できるだけ会って打ち合わせをし製作に入るそうです。 帆布のバッグは丈夫で、とっても使いやすそう〜〜!手作りは飽きがこないのが魅力です。ダマリも理想のバッグを作ってもらわなくちゃ。 ●* Sweet Rin * の手作りバッグ・小物https://ameblo.jp/sirokun6/

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP