その他

[福岡県北九州市]就労継続支援A型一般社団法人さんの名刺・看板シールデザイン

 誇り・喜び・希望を共有し、もやう(舫う・催合う)居場所就労継続支援A型・一般社団法人おもやいファームさんの名刺・看板シールデザインです。 昨年、名刺制作をさせていただいた北九州にある「おもやいファーム」さんが「就労継続支援A型・一般社団法人」となり、新たに名刺・看板シール制作ご依頼をいただきました。誠にありがとうございます(^^) 代表理事の乙村さんより、前もって何を名刺に入れ込みたいか文章をいただき、方向性やコンセプトの理解はすぐにできました。 乙村さんが大切にしていることは「舫う」というキーワード。社名にもなっているので、これをわかりやすく可視化せねばならない。と思いました。 もやい → 一緒に使う、共有する 舫い結び → 結べば結ぶほど固く結ばれる 活動理念が3つにまとまっていたので、その3つを、おもやいファームのロゴを利用し「舫い結び」でまとめることにしました。  表面には発芽にんにく、裏面の背景には、にんにく畑の写真を載せシズル感を出しました。裏面の3つの理念のレイアウトがなかなか難しかったです。   ●看板シール 400×150 事務所用の看板シール。ロゴのデザインが良いとシンプルにバシッと決まります。  ●おもやいファーム http://omoyai.co.jp/farm/こちらのサイトから、おいしいにんにくを購入できます! 「乙村式にんにく」水耕栽培で無農薬、手作業で発芽させたにんにくは、風味は豊かなのに、香りは優しく、においが残りにくい!ダマリは、アヒージョ・茶碗蒸し・にんにくご飯にして根・芽・茎まで、美味しく丸ごといただきました。 乙村式にんにくを作るためには、たくさんの手作業が必要。にんにくは少しのキズで傷みやすく、発芽部分は指先で触れただけでも変色してしまうそうです。 そんなにんにくを美しく包装してお客様へ届けるためには、デリケートな工程をいくつも経なくてはならない。「おもやいファーム」さんは、その仕事を障害のある方にお願いしています。 乙村式にんにくを通して、人にも身体にもやさしい居場所作りをされているおもやいファームさんの乙村式にんにくをぜひご賞味ください(^^)  関連記事>以前制作させていただいた名刺「にんにく屋さんの名刺デザイン」>【芽も根も丸ごと食べられる】乙村式にんにくで、丸ごとアヒージョ

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP