デザインコラム

どんなに真似してもダマリデザインにはならない

 今年に入ってからお客様から何件かこんなメッセージをもらった。「ダマリさんの真似していますよ」 それは、「講座内容」だったり「デザイン」だったりするわけだがダマリは、あまり気にしていない。放っておく。どんなに真似してもダマリデザインにはならない。 それは、絵が上手い人がピカソやダリの絵画を模写するのと同じで本物とは別物だから。 お客様側から見れば、ダマリデザインも、他の人のデザインしたものもあまり変わらないかも知れない。 なので、そこはお客様目線にお任せするしかない。 しかし、ダマリ自身、フォント、字間・行間、メリハリ、情報の整理、画像修正・補正、レイアウト、色など、一つ一つに意味を持って制作しているためぱっと見にているかもしれないが、全然違うものだ。 講座も同じ。どんなに、ダマリの講座内容を真似したところで同じものにはならない。 ダマリは、デザイナーをずっとしてきて自分の経験で話をすることができる。その部分は、他の人にはできないことだ。 だから、これからもダマリ自信、信念を持ってダマリクオリティをどんどん磨いていく。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP