ダマリ紀行

[チリ_イースター島]遠いけど近しい島

 イースター島。モアイで知られる有名な島。チリ・サンティアゴにある空港から飛行機に乗り5時間弱。 ダマリがサンティアゴにいた時は、寒くてアルパカのポンチョを着ていたのにイースター島に到着するやいなや、南の島独特の湿度と温度に驚いた。 そして何より、その頃ダマリが住んでいた奄美大島と、匂い・空気感が同じでまるで、奄美に帰ってきたような気持ちになった。 ガイドブックも何も持たず、情報もなしで来てしまいとにかく町を散策することに。 色鮮やかな南国の植物、空、海。懐かしい気持ちでいっぱいになった。 インターネットカフェ屋を発見し、そこで安宿の情報を入手した。 イースター島の至る所に、モアイ像は点在している。宿で出会った日本人夫婦とレンタカーをシェアして周った。 その日本人夫婦。奄美大島の加計呂麻島に住んでいたことがあるというではないか。 おまけに、2009年に皆既日食が観測できる場所だった奄美大島。そして、ダマリがイースター島を訪れた2010年にはイースター島が観測場所だった。 遠いけど近しい島。海外にいる気が全くしなかったな。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP