パンフレット

[兵庫県加古川市]NPO法人HAEJのセルフマガジンデザイン

©produced by “POWER for Restart” sakuragiyoshiko.com × damalish.comわかりあえると心強い HAE(遺伝性血管性浮腫)のセルフマガジンデザインです。編集者・櫻木よしこさんとのプロジェクト セルフマガジンプロデュース“POWER for Restart”。遺伝性血管性浮腫患者会NPO法人HAEJ さまより セルフマガジン制作のご依頼をいただきました! 誠にありがとうございます(^^)このNPO法人の事務局長を務めていた、今村幸恵(さあら)さん。 さあらさんご自身もこの難病を持つ理学療法士です。このマガジン制作に携わるまで全く知識がなかった HAE(遺伝性血管性浮腫)。 さあらさんとの出会いをきっかけに NPO法人HAEJ(HAE遺伝性血管性浮腫患者会)があることを知りました。どのデザインをするにも同じなんですが まずはお客様からご依頼をいただいた サービス・商品の知識を得るところから始まります。HAE(遺伝性血管性浮腫)とは、 遺伝子変異が原因で血液中のC1-インヒビター(※1)の機能低下により 体のいたるところに腫れやむくみを繰り返す国の指定難病です。※1 … 肝臓で作られるたんぱく質のひとつ。免疫反応など、 体を守るために備わっているいくつかのメカニズムが過剰に働くことを抑える働きがある。HAEは5万に1人の発症率と言われる希少・難病のため 診断されるまでに何年もかかったり 違う病気と診断される人も少なくないそうです。そこで、このセルフマガジンを通して まずは世間にHAEを認知してもらう。というのが狙いです。 内容が難しいだけに、なるべく分かりやすく そして手に取りやすいデザインを心がけました。 色合いもなるべく優しくやわらかい感じに。 かといって、大人しめではなく楽しいPOPな感じも取り入れました。このマガジンが広まることで、 少しでも多くの方がHAEだと診断されるよう、願っています。 さあらさんと(^^)NPO法人HAEジャパン腫れ・痛みチェックシート(セルフチェックができます)

Amazon Kindleリリース中

名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
 小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP