デザインコラム

寅さんブランディングの凄さ

映画「男はつらいよ」で有名な渥美清さん演じる車寅次郎こと寅さん。今の10代・20代には馴染みがないかもしれない。ダマリ自身が今年に入り寅さんにハマってしまい、YouTubeチャンネルを始める際にプロフィール動画を撮影しようとずっと考えてたところに、「そうだ!寅さんの格好をして撮影してみよう!」と思いついた。

ちょうどその想いが強くなり始めた頃、奄美大島にいく予定があり「そうだ!加計呂麻島で撮影すればいいや!」とすぐに決めた。加計呂麻島の諸鈍集落に、「男はつらいよ」の最終話であるリリーの家がある。

その時の撮影中に、通りかかりの同じ歳くらいのお兄さんが「寅さん!?」と話しかけてきてくれた。物凄く嬉しかったし、なによりこの格好をしただけで「寅さん」と分かるブランド力。恐るべし。

そしてその後、鹿児島の桜島とフェリーを背景に撮影することにして、同じく撮影していると、またまた所ジョージ風のお兄さんが「寅さん!?」と話しかけてくれて、インスタまで載せてくれることになった。そのお兄さんの話によると、運転中に助手席の奥さんが「寅さんがいた!」と言い、わざわざ車をUターンさせ来てくれたようだ。

色々お話をして、名刺交換までさせていただいて。なんというか、寅さんの親しみやすいキャラクターとこの格好というのは、物凄いブランディングの力をもっているなぁ〜とつくづく思い知らされた。さすが、寅さん!!!

これから先も、寅さんを通じて、色々な人に出会えるかもしれない。と思うと楽しみしかないな。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP