日記

23年間愛用レードル

ダマリはデザイン学校を卒業し、22歳になる年に上京した。初めての一人暮らしで、あれこれ揃えるのが楽しくてしょうがなかった。

あれこれ買うために足を運んでいたのは東急ハンズ。新宿、池袋、渋谷の東急ハンズばかり行っていたかもしれない。

そしてダマリは、新宿の東急ハンズで「レードル」を購入した。「おたま」ではなく「レードル」。

なぜレードルか?ダマリの父が調理師だったため、物心ついた頃から実家では「おたま」ではなくレードルだった。

レードルも色々な種類がある。総ステンレスだし使い勝手が良い。雫型のものは汁物をすくいやすいし、ひとすくいで70ccなど量りとしても使える。

ダマリは、東京で暮らしていく決意の中に、何かお守りのようなモノが欲しくて。それがレードルだった。

このレードルは、購入した時から23年間ずっとダマリの食生活を支えてきてくれた。

これからも、一生よろしくお願いします。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP