YouTube

ダマリデザイン室プロフィール動画「女もつらいよ」

YouTubeを2021年に入ってから始めるようになり、「プロフィール動画をつくらないといけないなぁ。」とずっと思っていた。ただ単に話すだけでは面白くないよなぁ…と、なかなか制作できずにいたのだが、3月に入った辺りに「男はつらいよ」の最終話48をNETFLIXで観てみると、とても面白く感じた。そこからなんと、1話から見始め「寅さんかっこいいな〜」とハマりだした。

4月下旬のGWに、第二の故郷である奄美大島へ行くことが決まっていて、「そうだ!せっかく奄美まで行くんだから、寅さんの格好をして動画を撮ろう!」と思いついた。奄美大島と寅さん。実は、とても深いつながりがある。最終話48の舞台は、奄美大島の加計呂麻島。そこの諸鈍という集落に、最終話でリリーと寅さんが暮らした家がある。今でもその家は存在し、宿として泊まることができるようになっている。

そして、映画が公開される前にTVで放送されていた「男はつらいよ」の最終回では、寅さんが奄美群島・徳之島でハブに噛まれて死ぬ。という回になっている。この回で、苦情が殺到し、映画で復活することになったのだ。そんな経緯もあり、奄美在住の友人に、運転を始めトランクを貸してもらったり、動画撮影をしてもらった。

奄美大島だけでは、ダマリのプロフィールは完成しない。やはり、生まれも育ちも鹿児島本土なので、シンボルである桜島をバックに撮影することも決めていて、地元の友人に暑い中、汗だくで撮影してもらい動画の素材を揃えた。

「男はつらいよ」のオープニング風にしよう!と決めていたため、音楽をどうするか?悩んでいた。そのまま使うことはできないし、自分でピアニカ演奏するのもハードルが高い…。そんな時、鹿児島市内のEVERGREENでピアノ講師をされている谷口直子さんを思い出し、ダメ元でピアノ演奏をお願いできないか依頼。すると、快く承諾していただいた!ピアノの「男はつらいよ」は、「女もつらいよ」のオリジナルにとっても相応しく馴染んで、素敵すぎて何度も聴いた。

あとは、曲に乗せて、プロフィールをどうするか?という課題が残っていた。プロフィール作成を前々から、ライターのなまず美紀(ミキティ)さんにお願いしようと決めていたものの、そこから進展させていなかったため、「今こそ、プロフィールをお願いする時だ!」と早速依頼。

ダマリ自身で作成していたプロフィールと違い、人間味が溢れ、強みも見出していただいたプロフィールが完成。そのプロフィールを曲調に合わせ動画編集。ミキティさんが、最後の最後まで助言をしてくださり、自分自身だけでは到底できない、大満足のプロフィール動画が出来上がった!

そして本日、8月27日は「男はつらいよの日」。映画第一作目が公開された日。その日にちなんで、ダマリの「女もつらいよ」をリリース!

以後、見苦しき面体お見知りおかれまして向後万端、引き立って宜しくおたのみ申します。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP