Kindle電子書籍

[山口県宇部市]訪問看護ステーションのKindle電子書籍デザイン

長年の母娘の確執に折り合いをつけながら、切なく穏やかに日々を過ごす母娘と家族の20日間を、赤裸々に語ったAmazon Kindle電子書籍『母を家で看取る。末期ガンの母親との在宅20日間の記録』の装丁デザイン・出版代行。

「母の四十九日にあたる9月9日に電子書籍を出版したいんです!」と、訪問看護ステーション「きみかげナース」代表・看護師 鈴川純子さんより装丁デザイン・出版代行のご依頼をいただきました。誠にありがとうございます!

オンラインで打ち合わせをさせていただき、お話を聞いているうちに、末期癌で亡くなったダマリの母と重なる部分が多く、どっぷりと感情移入してしまいました。

鈴川さんが、訪問看護ステーションを設立した直後にお母様がガンに侵されていることを知りました。お母様を自宅療養させる決心をし、訪問看護ステーション経営者として、看護師として、娘として、お母様の最期を看取りました。

お母様がお亡くなりになって、四十九日もたたないうちに、鈴川さんは記憶が鮮明なうちに文章を残された事は、本当にすごいことです。Kindleの出版代行をするにあたり、出来上がったばかりの文章を読ませていただきました。ダマリ自身も、母を自宅療養をし看取ったので、あの日々がいい意味で蘇りました。

打ち合わせの際に、表紙の写真をどうするか?という話になったのですが、お母様の好きな色は「秋色アジサイ」という話をきっかけに、「そういえば、母が亡くなった夕方にすごい写真が撮れたんです!」と見せていただいたのが表紙の写真です。鈴川さんのお母様が亡くなった日の夕方に、家の近くの海で撮った写真だそうで、お母様の大好きな秋色アジサイ色の空。表紙の写真は、これしかない!と即決めでした。

出版するにあたり、ライターのなまず美紀さんとやりとりさせていただき、素敵な1冊をAmazon Kindleに送り出すことができました!

ダマリ自身も、母を在宅療養で看取ったことを本当に良かったと思っている一人です。「自分だけで看るのは、不安・怖い」という助けになってくれるのが、訪問看護の方達やヘルパーの方達でした。そして何より、自分の家で普段通りの生活音や匂いの中で過ごしながら療養できたことが、母にとって最善だったと実感しました。

必要な方に届きますように。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP