ダマリデザイン室にできること

ダマリデザイン室は
経営者のクリエイティブ・ブレイン

経営 = デザイン

ダマリデザイン室は、目的に合わせたモノづくりを一緒に考え作っていく『経営者のクリエイティブ・ブレイン』です。

デザインとは、表面的な装飾のことだけではなく、組織・商品・サービスをすべてを動かしていくプロセス自体のことも含まれます。 モノづくりをして売上をつくる。まさに『経営=デザイン』と言えます。

『経営=デザイン』となれば、すべてをデザインするのが経営者の仕事ということが、経営者はクリエイティブのプロではありません。そこでデザイナーは、経営者のクリエイティブな脳の一部になり課題解決に向け、『経営者×デザイナー』という掛け算で力を発揮します。

社長の横に、アートディレクターを

《社長の横に、アートディレクターを》という有名なコピーがあります。《そうだ 京都、行こう》のCMを生み出したクリエイティブディレクター佐々木宏さんが書いたものです。これは、どういう意味かお分かりの方は、すでにデザインへの審美眼をお持ちの方かと思います。

アートディレクターやデザイナーというのは、戦国時代の千利休のような役割を担い《茶の湯》に近い時間で《戦略》を練ります。 経営者が《武将》で、アートディレクターやデザイナーは《利休》というところでしょうか。戦略についてざっくばらんな相談から始まり《コンセプト》を組み上げていく。 これがとても重要なフェーズとなります。

デザインが売上に直結

この《コンセプト》をどう具現化し、方向性の一致を擦り合わせ、どうアウトプットして見せていくのかがデザイナーの役目です。 企業には、マーケティング部・商品開発部・広報部など専門の部署が設けられていますが、中小企業や個人事業主は、すべてを自分たちで行っていることがほとんどです。

扱ってる商品・サービスをどういう風に売って、売上をつくるのか。 デザインが売上に直結するなんてことは、きっとこれまでの経営者は、あまり考えなかったのではないでしょうか。〈品質の良い商品・サービスを作れば売れる〉というだけの時代は終わりました。時代はすでにクリエイティブ思考。モノづくりの在り方が変わってきています。

モノを創る力が、社会を変える力になる

モノづくりは、多種多様です。プロダクト・広告・WEBサイト・サービス・SNS発信……。だからこそ、経営者はより美意識を磨き、デザイナーはより社会の仕組み(経済やテクノロジー)を理解しなくてはならないと考えています。

昨今、ようやく地方の方にも『ブランディング』という概念が浸透し始めてきました。経営者自身が、クリエイティブと商品・サービスの結びつきについて気づき、もっと学ぶ機会を作るべきだと思っています。経営者とデザイナーがもっと近づき、高い次元で融合していくことを、これからはより求められていく。これから先の日本社会の豊かさは、そこにかかっているのではないでしょうか。

クリエイティブ思考の高い組織がより多く生まれることで、社会はもっと豊かになっていく。 『Creative Power モノを創る力が、社会を変える力になる』
ダマリデザイン室は、そう信じてこれからも経営者のクリエイティブ・ブレインとあり続けられるよう邁進していきます。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

クリエイティブ・ブレイン01
グラフィックデザイン

グラフィックデザインとは、主に平面上に表示される文字・画像・配色などで、情報を伝達する手段として制作されたデザインのことです。 雑誌・新聞の広告、パッケージや看板、販促ツールなどの印刷物全般を制作させていただきます。

編集者とデザイナーによる究極のセルフマガジンプロデュースPOWER for Restart

プロの編集者・櫻木よしこさんと《セルフマガジン》制作をしています。《セルフマガジン》は、個人版会社案内。 自分の伝えたい想いや何ができるかを、雄弁に語ってくれる最強営業ツールです。

クリエイティブ・ブレイン02
Webデザイン

Webデザインとは、Web上に表示される見た目に関する制作を行うことを指します。Webメディアやホームページ制作を指すことが多いですが、Webサービス・バナー・LP制作もWebデザインです。お気軽にご相談ください。

コーディング*は協力会社さんにお願いしています

ダマリデザイン室は、ディレクター兼デザイナーの代表ダマリのみで運営している個人事業所です。 一人で制作することは困難ですので、外部連携させていただいているクリエイターの皆さんとコミュニケーションを図りながら制作しています。

*コーディング … Webデザインをブラウザ上で見える(動かす)形にするためにソースコードを記述すること

クリエイティブ・ブレイン03
デザイン講座

デザインを気軽に学んでみませんか? 初心者向けにAdobe Illustrator、Photoshop、In Design、XDを使ってデザイン講座を行なっています。 また、デザインに関する動画もYouTubeにて無料配信中です。

デザイン講座とは?

PCやAdobeソフトの操作方法をはじめ、デザインの考え方や組み立て方など、受講者さまの《目的》《目標》に応じて、効率的かつ着実に学ぶことができるよう講座を作成いたします。

\こんな人にオススメです/

  • Illustratorをはじめたい!
  • 趣味でデザインをしてみたい!
  • グラフィックデザイナーになりたい!
  • WEBデザイナーになりたい!
  • 何かつくりたい!
  • 自力でセルフマガジンつくりたい!
  • デザイン力をUPさせたい!
  • YouTubeチャンネルつくりたい!

【 レッスン概要 】
受講者さまの目的や学習状況を踏まえて、最適なカリキュラムを提供します
【 対象者 】
5歳〜
【 受講時間・回数 】
決まりはないので、受講者さまのご希望に合わせます
(平日10:00-17:00)
【 受講場所 】
受講者さまのオフィス、ご自宅、Wifi環境があるカフェ、オンラインなど
【 デザインツール 】
Adobe Illustrator/Adobe Photoshop/Adobe InDesign/Adobe XD

出張デザイン講座も行っています

これまで《チラシづくり講座》《仕事につながる名刺づくり講座》《デザイン相談》などを、北海道・福岡・大分・鹿児島にて全12カ所にて開催させていただきました。グループや団体さまにもデザイン講座を行っております。 お気軽にお声かけください。

YouTubeにてデザイン関連動画配信中

デザインソフトの使い方や配色に役立つサイト紹介など、デザインに関する動画をYouTubeにて無料配信しています。今後もお役に立てる情報を配信し続けますので、気に入っていただけましたらチャンネル登録をお願いいたします。

OCAで学びませんか?

ダマリデザイン室は、OCAにてグラフィックデザイン・WEBデザイン講師をさせていただいています。デザインコース以外にも、エンジニア・キッズ・カメラコースがあり、現場で活躍しているプロによる講座を個人のカリキュラムにあわせて受講できます。プロを最短で目指すなら、是非おすすめです!
https://oita-creative.jp/

クリエイティブ・ブレイン04
YouTubeサムネイル制作・動画編集

YouTubeは世界最大の動画プラットフォームで、個人・企業の集客手段として利用されることが増えています。動画制作で最も苦労するのは撮影よりも編集で、自作だとクオリティが落ちる上に時間もかかります。

YouTubeサムネイル制作

サムネイルは、視聴者が最初に目にする動画コンテンツです。「サムネイルの作り方次第で、動画の再生回数は変わる」と言われています。実際にYouTube検索でパッと目にしたサムネイルを見つけてクリックした経験をお持ちの方も多いことでしょう。 動画のジャンル別で見せ方の違いも出てきます。自分の作った動画のジャンルは、どんなサムネイルが適しているのか、しっかり考え、制作することをオススメします。

YouTube動画編集

YouTube動画制作の相場は、編集 +コンサルの料金です。 動画制作は自社(個人)で撮影したものを、制作会社に納品し編集を依頼するケースがほとんどです。

ダマリデザイン室では、コンサルなしの《編集のみ》を行っています。 撮影した動画をいただき、その動画を元に編集します。 動画の長さは5〜10分で、納期は1〜2週間ほどです。《編集のみ》の内容は、以下の通りです。

  1. シーン切り替え(エフェクト)
  2. 動画内の字幕(テロップ)
  3. カラー調整
  4. SE(効果音)、BGMの挿入
  5. 画像・イラスト・アニメーションの挿入
  6. アノテーション*の挿入

*アノテーション … YouTube動画内にテキストやリンクボタンを設置し、別の動画や関連サイトへ遷移すること

YouTubeサムネイルテンプレート販売中

ダマリデザイン室が作成したオリジナルテンプレート30点セットをAmazon Kindleからご購入いただけます。ご興味がある方はぜひ覗いてみてください。

クリエイティブ・ブレイン05
Kindle表紙制作・代行出版

Kindleとは、Amazonの提供する電子書籍関連サービスのことです。電子書籍ストアの中でKindleのシェアが最も多く、ほぼすべてのジャンルの書籍を扱っています。そして誰でも簡単にKindle電子書籍を出版できるのが最大の魅力です。

Kindle表紙制作

読者が最初に目にするのが書籍の表紙です。 Kindleの売上を大きく左右する要素は《タイトル》《表紙》の2つと言われています。

実際にKindle検索でパッと目にした表紙を見つけてクリックされているかと思います。表紙を見た瞬間に「自分に必要な本だ!」と認識してもらうために、ターゲットを明確にして制作する必要があります。素人まる出しの表紙では、なかなか読んでもらえないかもしれません。

Kindle代行出版

Kindle出版とは、Amazonが提供しているセルフ出版サービス『KDP(Kindleダイレクト・パブリッシング)』を利用した電子出版のことで、誰でも無料で出版できます。

しかし、電子書籍データの用意やKDPに登録など、パソコンが苦手な方は少し尻込みしてしまうかもしれません。 そんな方に向けて代行出版をしています。代行出版の流れは以下の通りです。

  1. KDPにアカウント登録
  2. 原稿に目次・リンク・画像など付ける
  3. 整えた原稿をepubファイルに変換
  4. epubファイルをmobiファイルに変換
  5. 表紙デザイン制作
  6. KDPに情報入力・出版登録(タイトル・カテゴリー・価格など)
  7. KDPにmobiファイルと表紙をアップロード

ダマリデザイン室もKidle電子書籍を販売中

2021年は10冊の電子書籍をリリースしました。リリース後の売上をすぐに確認できるのもKindle出版の魅力です。 自分自身のブログ記事や、撮り溜めている写真などを書籍にして収益化できるなんて、本当に良い時代だなぁ〜!と感じています。

プロフィール

ダマリデザイン室
代表 ディレクター兼デザイナー ダマリ

鹿児島出身、在住。小学生の頃からアートの才能を発揮し、デザイナーをめざす。高校卒業後は、地元のデザイン学校に進学。1998年卒業と同時に上京し、四谷の広告制作会社で、グラフィックデザイナーとして大手企業の広告制作にたずさわる。2003年、奄美大島へ移住。地元新聞社にてエディトリアルデザイン、グラフィックデザインを任され、同社のロゴマークも制作する。2015年、鹿児島にUターンし、独立起業。その後、大分で3年間過ごし、現在は、鹿児島県霧島市にて、企業や個人事業主のグラフィックデザイン、Webデザイン、デザイン講師を手がけている。

クライアントの課題と要望を引き出す丁寧なカウンセリングに定評があり、商品やサービスの《本質が伝わるデザイン》《売れるデザイン》をめざしている。2020年からは、kindle電子出版とYoutube配信にもチャレンジし、デザインや子育て情報を発信。

『ダマリ』は旧姓時代のニックネームで、本名は界田美和。 趣味は海外旅行で、オランダ移住が夢。42歳で出産した息子を溺愛中。

尊敬しているクリエイターは、佐藤可士和さん、水野学さん。