デザインコラム

好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」北九州1期生になりました!

 

はじめに書いておく。私はセミナージプシーではない。

そして、名刺コレクターでもない。

 

そんな私が、5万円支払って今日から受講(全4回)が始まった

 

好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」!!

 

かさこ塾の存在というか、かさこさんのことを知ったのは、

昨年の2016年8月。

鹿児島にある鉱石ソムリエの西内まこさんから手渡されたマガジンがきっかけ。

そのマガジンがこれ↓

 

http://www.kasako.com/works.files/kasakomz6.pdf

 

 

その時期の私は、フリーランスになって1年が経ち、

鹿児島から大分へ引っ越す前で、とても不安に駆られていた。

 

大分に行っても、フリーランスでやっていけるのかな。

これからどうやって、自分で仕事を作っていけばいいのかな。

 

そんな思いで、かさこマガジンを寝る前に布団に横になってパラパラめくっていた。

 

それから、かさこさんのブログを読み始めて

今、自分にできることからやっていこう!と

自分のブログもWEBサイトもリニューアルし、セルフマガジンを作ってみよう!という目標もできた。

 

そして同年2016年9月1日に私は大分へ引っ越し。

 

さて、何から始めていこうか。という矢先

偶然にも同県中津市で9月3日に「かさこフェスタ」が開催されることを知り、

かさこフェスタへ足を運んだ。

 

そこで、好きを仕事にして輝いている人達を目の当たりにして

「なんか、スゲーーーーナ!この人達!」

と刺激を受け、是非とも「かさこ塾」を受講してみたい!と思うようになった。

 

「かさこ塾」は10名受講者が集まれば、どこでも開講される。

なので、すぐに大分で開催されるだろう。とのんきに構えていたらなかなか開催されず。

 

とにかく、かさこ塾に入る前に、セルフマガジンだけでも制作してみよう!

と2017年1月から制作し始め、2月4日に私のセルフマガジン「POWER」を配布し始めた。

 

「POWER」の良い面、悪い面をかさこさんをはじめ、様々な方からご意見感想をいただき

次のマガジンを制作するための、勉強になっている。

 

そして、本日2017年9月7日。

私がかさこさんの存在を知り、かさこ塾に入りたいなぁ。と思い始めて約1年。

やっと

好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」北九州1期生になりました!

 

私の同期となる塾生は私を含め24名!すごいなぁ。

色々な職種の人に出会えて嬉しい。24名が合わさった化学反応が楽しみだ(^^)

自分の人生変えたきゃ、自分で変えるしかない!

恥ずかしがってる場合じゃないし、「また機会があれば」の、「また」なんてない。

 

かさこ塾も、「また」なんてないから。受講できて嬉しい。

 

 


 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。