日記

道路で猫の亡骸を見たら唱える言葉

 

運転をして出かける際に、遭遇したくないもの。

動物達の車にひかれた亡骸。

人間達が我が物顔で道路を作り、動物達の獣道を奪っている。

 

中でも、毎回心を痛めるのが猫の亡骸。

猫を飼っているものとしては

本当に、どうしようもない気持ちになる。

 

以前、何かの記事で

猫の亡骸に囚われ、そこに可哀想だと思いを引きずると

あまりよくない。みたいな事が書かれていた。

 

ダマリの場合、猫の亡骸を見たら唱える言葉がある。

それは

「風になれ。風になれ。風になれ。」

 

どうして、「風になれ。」か?

 

これも以前何かの記事で読んだが

猫は火葬や土葬をするよりも「風葬」が好ましいようで、

沖縄や奄美大島でも、昔は人も風葬だったようだ。

 

それを知ってから、猫の亡骸をみると

もう魂は自由になって、風になったのだと思うようになった。

 

猫は、生きている頃から「風」を常に感じている。

愛猫を見ていると風が吹き込むたびに、鼻をひくひくさせて

風を感じているようにみえる。

 

暑い時は、涼しい風の通り道を知っているし

猫の人生そのものが、風のような生き方だ。

 

愛猫が亡くなったら、火葬だけは避けたい。

風葬も今の時代は、難しい。

実家の庭に埋めようと決めている。

 

今日、命を失くした猫達よ。

風になれ。風になれ。風になれ。

コメント

この記事へのコメントはありません。