デザインコラム

頭が冴えない時は、とにかく寝る

   私は、寝ることが大好き。これは小さい頃から変わらない。 赤ちゃんの頃は、ホッペをつねらないと寝てばかりで、おっぱいも飲まなかったそうで(^^; ) 毎日7時間は必ず睡眠時間をとるようにしている。でないと、頭が回らない。 30代前半に、初めて胃カメラを入れることになった時鼻からカメラを入れた。その時に判明したのだが、私の鼻から口にかけての気道は普通の人より狭い。ということ。 私は思った。「だから、すぐに眠くなるのか!」と。酸素が普通の人より頭にまわらないからかな。(←勝手に解釈)※だから、ペルーで高山病にならなかったのか!ww 5月6日の本日私の住んでいる町、大分県杵築市で「きつきお城まつり」が開催され30周年を迎える今年、松平健さんがゲストで江戸行列に参加した。 暴れん坊将軍と馬を同時に拝めることなんて人生で最後かもしれないと人混みが苦手ながらも、朝9:00から出動!そして、まつりを堪能し、早めに切り上げ15:00には帰宅した。 本日中に修正しなければならない仕事が残っていて集中モードになりたかったが帰宅後、愛猫の誘惑に負けてベッドに横になったのが最後。プツーーーーーーンと落ちていた。 そして爆睡。zzzz目覚めたのは、なんと20時前!!!!!!5時間も寝ちゃってる私、、、(人混みにかなりストレス感じた+昨夜は2:00まで起きていたし…) まぁ、驚きもしない。いつものことだから。 私自身が、ベッドに横になって、そのまま落ちる。というのは私の脳が疲れている証拠。なので、自分を責めない。「疲れていたんだねぇ」と自分をいたわる。 起きるとスッキリ!脳がリラックスしているのが分かる。そこから集中モード!4時間で仕事を仕上げた。 睡眠は、脳につまった情報の整理をするために必要なもの。寝すぎは体に毒だが、冴えない時は、思い切って寝てみよう。 「そんな暇ない!」とワーワー言われそうだが20分寝るとスッキリする。 タイマーをセットして、目を閉じよう。日中はアイマスクをすると良い。 あーだこーだ、悶々として眠れない夜は、とにかく目を閉じよう。夜中に考えることは、ろくなことがない。 さ、明日、良い仕事をするために、寝よう!脳内リセット開始!

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP