デザインコラム

返済不要!補助金をゲットして広告費で販促物を作ろう!

 起業家の集まりや、個人事業主の集まりに行くとよくこんな声を聞く。 「私もパンフレット作りたいけど、稼いでからでないと…」「セルフマガジン作りたいと思っているんですが、10万以上するでしょ?」 みんな、名刺やPRのパンフレットやチラシを作りたがっている。お金がないから…。と、自分で制作したり、そういうのが得意な友人に頼んだりして残念なチラシを配っていたりする。それは、本当に勿体無い。 お金がない。その気持ち、よ〜〜〜くわかる。でも、諦めないで欲しい! こんな制度があることをご存知だろうか? 小規模事業者持続化補助金 小規模事業者持続化補助金とは、実際に使った費用の3分の2が補助され、50万円までもらうことができる。 この補助金の申請条件は従業員5名以下(製造業は20名以下)で個人事業主でも申し込みができのだ!実際、この補助金を使ってセルフマガジンを制作されたお客様もいる。  補助の対象となる経費は、広告費(ホームページ・看板・チラシ・Facebook広告など)はもちろんのこと、 展示会の出展費用、旅費、専門家の謝金、外注費、商品開発費 etc販路を拡大するのであれば、この補助金を申請するっきゃない!もちろん、返済不要〜〜〜!!! 私も、この補助金をゲットしたい。50万あれば、結構、色々できちゃう。 しかし、この補助金を申請するために用意しなければならない壁がある。それは、 事業計画書 私は、市役所にこのお話を少し聞きに行ったのだがターゲットやニーズが明確であること、事務所に看板があるかどうか、競合他社との差別化はできているか、今後3年間の展望は、販路はどうなっているか… と、聞いているうちにクラクラしてきた。来月の売り上げも分からないのに、三年後まで計画するって、どないやねん。 でも、この事業計画書を作っておくことに越したことはない。様々な面で役に立つことは知っている。 スタートアップなどをするときのオフィスを借りるときに必要だったり他の補助金を申請するときも、銀行からお金を融資するときも必ず必要になる。 しかしながら、できないことはない。市役所や商工会などの補助金担当の方と連携をとって2カ月くらいかけルト、誰でも計画書を作成できるようだ。 なので、広告費がない!と頭を悩ませている方はぜひ、この補助金を申請してみよう! ちなみに、H29年度の公募はH29年4月14日(金曜日)から平成29年5月31日(水曜日)で終了。 来年の公募に向けて、今から準備しておくのも手だと思う。私も、準備しておこうと思う。詳しくは、お近くの商工会議所まで(^^)/ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart 編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」によるセルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー) プロの編集者とデザイナーを使ってあなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/123,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP