デザインコラム

医療費の領収書ちゃんと保管してますか?

 フリーランスになってから、私は、病気の治療などにかかった費用の領収書をきちんと保管している。何故ならば、確定申告の際に、医療費控除を使いたいから。領収書がなければ申告したくてもできない。医療費控除額は、住民税減税の効果がある。 自分の所得税から控除できるものが数種類存在する。その中の一つが、医療費控除だ。この医療費控除。今までは、一つだったが新しい制度が加わり2種類の医療費控除が存在する。最近税理士さんから教わった情報をメモがわりにブログに書くことにした。  【従来の医療費控除】 従来の制度だと1年にかかった医療費から、自分の総所得金額の5%を引いた金額が、医療費控除金額となる。(注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額。200万以上は10万円。 例えば、私が1年間に9万円医療費に使ったとする。そして、総所得が120万だとしよう。すると[医療費/90,000円]-[総所得の5%/60,000円]=[医療費控除額]30,000円(※ちなみに上限200万)となる。 医療費控除額の10%が、住民税減税額となるので、これはちゃんと申告しよう!30,000×10%=住民税減税額3000円 「そんなに医療費にかかってない!」という方。これは、家族も対象となるので、家族にかかった医療費を足してもオーケー!   【セルフメディケーション税制】 従来の医療費控除は、「病気の治療にかかった費用」は申告できたが「病気の予防・検診」などにかかった費用は対象にはならなかった。しかし、新しい制度セルフメディケーション税制は、そこが違う。 一定の検診などを受けることを条件に、薬局やドラッグストアなどで販売される「特定の市販薬(スイッチOTC医薬品)」が12000円を超えれば、その超えた金額を所得控除できる。というもの。 市販されている薬代が申告できるわけだが、必ず「スイッチOTC医薬品」でなければならない。対象の商品は、レシートなどに★マークが付いていて、「★印は、セルフメディケーション税制対象商品です」と書かれている。   今日、ドラッグストアで「スイッチOTC医薬品」のマークが付いた商品はないかと探したがなかなかない。これじゃ、申告しようがないし、わざわざそれを選んで購入しなきゃならない。ん〜〜〜〜ちょっと手間かかるな。 例えば、私が1年間に3万円医療費に使ったとする。そして、総所得が120万だとしよう。すると[医療費/30,000円]-[誰でも/12,000円]=[医療費控除額]18,000円(※ちなみに上限88000円)となる。18,000×10%=住民税減税1800円。  例を比べてみると、「従来の医療費控除」で申請した方が、お得になる。なので、どちらがお得になるか、自分で検討する余地がある。 ちなみに、夫は従来の医療費控除、妻はセルフメディケーション税制という申告の仕方もできるようだ。 ま、病気にならないのが一番だけどね(^^)b  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 主な制作料金コチラからどうぞ(^^)/ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。 デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」があなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/135,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★Facebook https://www.facebook.com/damalish★teitter https://twitter.com/Damalishcom★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/★Homepage http://damalish.com★Blog http://blog.damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP