デザインコラム

ダマリ初のPhotoshopマンツーマンレッスン

 ダマリにとって、初めてZoomでマンツーマンレッスンをさせていただいた。 会社員時代、社内で「Adobe Illustrator」や「Photoshop」などを教えることはあっても、お金をいただいて教える。ということはグラフィックデザイン歴20年目にして、初めてのことだった。 お客様は、福岡の方だったのでZoomで教えることに。マンツーマンレッスン。遠隔で、操作を教えるというのは、なかなか難しいことだと改めて思った。 プロのデザイナーは、ほとんどショートカットで作業をする。いかにマウスを持ち替えてする作業をなくすか………自分で作った独自のショートカットを作ったりもする。 これを、教えるとなると、なかなか難しい。ショートカットを教えるのが難しいのではなく、どこのバーから入って、どこどこを選択して。ということが難しい。 自分でやる作業は、オートマティックになってしまっていて影をつけるとき、移動するとき、などなど、勝手にキーを触っているため普段、自分がどこをどう押して作業しているか、教えるとなると戸惑う。 例えば。上の写真の三角形のパスをとるとしよう。そのあと、そのパスを選択範囲で指定したい場合、私は、command+パスレイヤー をクリックして選択しているがお客様に教えるとなると、どこをどう選択して。と、伝えるのが難しい。 おまけに、私はMac、お客様はWindowsだとcommandキーではなくて、Ctrlキーだったり、optionキーがAltキーだったりする。 右クリックでしているお客様もいることだろう。 やはり、何度もこういう対面レッスンをしていきながら改善点を見つけて、よりよくしていくことが何よりも大切だと改めて思った。 そして、お客様に理解しておいて欲しいこと。「Adobe Illustrator」や「Photoshop」も技術の道具だと考えておいてほしい。大工さんでいうノミやノコギリのような工具と同じ。 棟梁が弟子に、ノミの使い方を教える。その時に、棟梁が今までやってきた方法で、オリジナルのやり方で教えてくれるだろう。「Adobe Illustrator」や「Photoshop」も、人によって様々な使い方をする。デザイナーによっても様々だ。 デザイナー本人たちも、より早く作業をするために、裏技や便利ツールをインストールしたりする。おまけに、ソフトのヴァージョンいによってもツールが変わっていたりするので常に、勉強を続ける必要性がある。 私はずっとCS6で制作していたが、お客様がCCを使っているという方もいらっしゃるので、CC(Creative Cloud)導入に迫られている。 「Adobe Illustrator」や「Photoshop」を習いたいという方はぜひ、お問い合わせください(^^)/   /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。 デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ 主な制作料金コチラからどうぞ(^^)/ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// Adobe Illustrator , Photoshop マンツーマンレッスン独学で勉強しているけど、いまいち良くわからない……。印刷物を自分で作りたいけど、どうやって入稿データを作ればいいの?この写真をうまく切り抜きたいの………。チラシや名刺を自分で作りたい! などなど
●レッスン…(1時間)5000円
※オンラインも可能です。※プロの方はご遠慮ください。※ソフトを持っている方に限ります。 仕事につながる名刺づくり講座自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。●講座…(2時間)1人3000円※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途) ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★Facebook https://www.facebook.com/damalish★teitter https://twitter.com/Damalishcom★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/★Homepage http://damalish.com★Blog http://blog.damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP