デザインコラム

○○するだけ。という言葉で脳を騙す。

 毎日の炊事・家事。いかに時短で効率よくするか女性は、いつも頭をフル回転させている。 私は、グラフィックデザイナーという仕事柄、なるべく「考える」ということを効率よく行いたい。余計なことに頭を使うキャパは、どこにも残っていない。 「考える」ということを効率よく行うためには、思考の持って生き方を、コントロールする必要が出てくる。切り替えの速さが、重要になってくる。 そこで、私は「言葉の思い込み」で脳を騙し、億劫な炊事や家事をしている。 例えば、洗濯を干す作業。「あ〜〜〜〜〜、洗濯干さなくちゃあ………」これだとテンションが上がらない。 そこで、母がいつも言っていた言葉を思い出す。「とにかく干しときゃ、乾く」私は、この言葉で脳を騙し、ちゃちゃっと洗濯を干す。 洗濯を干すと言う作業は、シワができないように綺麗に干したり、なんとなく面倒臭いイメージだけど、「干すだけで、乾く」という「○○するだけ」という面倒臭さを除くワードに置き換えるとポジティブにことが進む。 他にも、母や祖母が使う言葉として「米さえ炊いておけば、なんとかなる」や「切って塩につけておくだけで、おかずになる」など 「やらなくちゃ………」と脳に司令を送るとだんだんストレスになって、本当にやる気が出なくなるので「○○するだけ」と脳を騙すと、なんなくクリアできるものだ。  ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////  好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタサッポロ「好きを仕事にしたい」「人生をもっと楽しみたい」「自分を見つめ直したい」「楽しい仲間に出会いたい」一つでも当てはまる方必見!札幌に遊びに来ませんか? 2018年5月19日(土)@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時 ダマリも出展します!ダマリブースへ是非いらしてください(^^)詳細はコチラ ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP