デザインコラム

点と点はつながる。

photography 江藤 智徳 スティーブ・ジョブスの有名なスピーチの中での格言。「Connecting The Dots 点と点をつなげ」私はことあるごとに見返す。 先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。 だから将来何らかの形で点がつながると信じることだ。何かを信じ続けることだ。 直感、運命、人生、カルマ、その他何でも。この手法が私を裏切ったことは一度もなく、そして私の人生に大きな違いをもたらした。 今、自分がしていることは正しいのか正しくないのか。そんなことは重要ではないと思う。 フリーランスになってから、とにかく自分ですることは自分で考え自分自身が決定し、行動し、反省する。の繰り返す。 私はひとつの所にとどまらず日本全国、もしくは世界各国で仕事をしたいと思っているからとにかく「行く」チャンスがある場所には出向くようにしている。 人との出会いも、点と点。人との出会いが、私をここまで連れてきてくれたし仕事もいただけるようになった。 何も変化がないように感じる日々だけど、とにかく自分を信じて自分の信念にそって、行動していけば ある未来に立った時点と点がつながり、一本の線になるのが見えることだろう。 それを信じて。とにかく前進あるのみ。 今回北海道で繋がった人たち。きっと未来に、形を変え線になることだろう。  

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP