2018
30
Sep

家族・愛猫, 日記

出産への道は、フルマラソンと似ている

 

ダマリは、過去に3回フルマラソンに出場し、完走(正確には完歩)している。

これは、自分自身において、とても良い経験となっていて

「どんなに辛くてもやり抜く精神」を養えた。

 

今、妊娠7カ月。

予定日まで後3カ月。

出産への道は、フルマラソンと似ている。

 

フルマラソンに参加する際には、最低3カ月前から走り込んだ方がいい。

ノリで参加して完走するというのは、体が故障する原因となる。

 

せっかく走るのだから、楽しみたい。

楽しむためには、念入りな準備をすることに越したことはない。

 

長時間走れる体。

長時間走ると、自分の体のどの部分に歪がくるのか。

水分補給、栄養補給の配分。

弱い部分のテーピング補強。

寒い日、雨の日の対策。

ペース配分。

 

こういうことは、練習をしなければ分からない。

そして、練習というのは決して裏切らない。

なんらかの形で成果を出してくれる。

 

妊娠をして安定期に入ると、ダマリはウォーキングをはじめた。

無理はしない。

お腹が途中で張ったような感覚になると、距離を短くしている。

 

そして、見よう見まねで「ソフロロジー」という呼吸法を練習しながら

歩いている。

鼻からゆっくり息をすって、口からゆっくり息を吐き出す。

 

トイレでウン○をする際も、お産をイメージしているし

お風呂の中でも、イメージする。

 

「どんなにイメージしても、本番は陣痛が痛すぎて意味ないよ!」という人も大勢いるかと思う。

だけど、ダマリは自分自身とお腹のチビを信じる。

2人一心同体で出産を乗り切ろうと思っている。

 

フルマラソンのように、30kmを過ぎて、さらに40kmを過ぎた地点での

残り2.195kmの、あの辛さ。

そこでいかに踏ん張れるかは、練習を続けた精神力でしかない。

 

自分が望む良いお産ができるように

ウォーキング、ラジオ体操、ソフロロジー、スクワット、ストレッチ、テルミーを続けて

出産当日に望む。

 

お腹のチビと話し合いながら、出産への道を歩む。

一緒に完走しようね。

そして、シャンパン飲むぞ〜〜〜〜!!!!(笑)