2018
21
Nov

家族・愛猫, 日記

和式トイレにしゃがむポーズ大事!

 

妊娠後期に入ってから

かなり意識しはじめて毎晩やっていること。

それは「蹲踞(そんきょ)」のポーズ。

 

妊娠しているダマリに

お客様が「蹲踞がいいですよ!」と教えてくれて

そこから調べてみて、実践している。

 

蹲踞とはどんなポーズ???

いわゆる、お相撲さんが土俵に座っているポーズ。

ヤンキー座りポース。

そして、和式トイレにしゃがむポーズ。

 

上記イラストでは、かかとを上げているが

マタニティヨガでは、かかとも地面につけて

手を前に「な〜〜〜む〜〜〜」と合掌。

なおかつ、合掌した肘で股をさらに開くように押す。

 

このポーズをすると

骨盤底筋が鍛えられ、股関節も柔らかくなり

スムーズなお産ができるというもの。

 

この蹲踞を知ってから

トイレに入るときは和式に入る。

そして、掃除でも蹲踞ポーズで股を鍛えている。

 

最初、このポーズをするときは

「お腹の赤ちゃん大丈夫かな?」というほど

感覚がつかめずうまくできなかったけど

 

お風呂上がりに毎晩やっていると

スムーズにできるようになり

どんどん股関節がやわらかくなっている。

(ちなみに、スクワットをしながら歯磨きタイム)

 

最近は、和式トイレをあまりみかけなくなり

アパートもホテルも、ほとんど洋式で

骨盤底筋、弱る一方だよなぁ。うん◯も出にくくなるしね。

 

女性の皆さん!和式トイレを意識して使用するようにしよう!

それが健康への第一歩。

本日でダマリは妊娠34週。