日記

産後うつ一歩手前。星野源のアイデアが頭をぐるぐる。

 2018年12月18日に息子を出産。そのあとダマリは、産後うつ一歩手前になっていた。そんな状況の中、頭にぐるぐる流れていた星野源のアイデアという曲。 42年間も自由気ままに生きてきたダマリ。それが180度生活が変わり、目の前にいる小さな命に24時間体制で向き合うことになり、まるで刑務所にいれられた気持ちだった。 頻回授乳。生後は2〜3時間おきに授乳せねばならない。3時間置き。なんていっているけど実際そんなうまくはいかない。 産後1ヶ月くらいは、授乳・寝かし付けがうまくできなくて1〜2時間かかることがザラだった。授乳して腕の中で寝ても、ベッドに置くと目を覚ます。そんなことの繰り返しで毎日が過ぎていく。 夫のお義母さんが三食作ってくれていたし洗濯も色々してくれた。それなのに、ダマリ自身は神経ずっと高ぶっていて「産まなきゃよかった…」と後悔した日もあった。 この世に生を受けたばかりの小さい命。人間というより、もっと別の生き物に見えていた。 夜な夜な睡眠不足で朦朧としながら授乳。いつのまにか夜が明けている。「おはよう 世の中〜♫」と星野源の声が頭に流れ出す。 そして、真夜中にも「おはよう 真夜中〜♫」と違うフレーズが流れ出す。 産後1ヶ月は、本当に本当に辛かった。産後うつにならなかったのは、友人や夫の理解のおかげだ。2ヶ月目からは、ファミリーサポートさんや助産院さんの力をかりた。 ♫つづく道の先を 塞ぐ影にアイデアを 雨の音で歌を歌おう すべて越えて響け つづく日々を奏でる人へ すべて越えて届け〜♫ 

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP