ダマリ紀行

[スペイン_バルセロナ]アントニ・ガウディが手掛けた邸宅

福岡県北九州市の小倉の街を歩いていると、壁全体が手作り感満載のビルに遭遇し

バルセロナのガウディ作品を彷彿させた。

ガウディの手掛けた建築物は、今日もバルセロナで観光客の目を楽しませていることだろう。

 

今日は、サグラダファミリアや、グエル公園の設計・建築家で有名な

アントニ・ガウディが手掛けた邸宅を簡単にご紹介。

(サグラダファミリア、グエル公園は写真の量が多すぎてここでは割愛)

 

 

#01. カサ・ミラ(Casa Milà)

 

 

バルセロナのグラシア通りに突如現れるカサ・ミラ。ガウディが54歳の時に設計。
直線部分を全く持たない建造物となっていて、波を彷彿させる曲線は地中海をイメージして設計された。
建設当時のバルセロナ市民からは不評で「石切場(ラ・ペドレラ)」と呼ばれていたらしい。

 

 

 

海藻の鉄でできたベランダの柵。こんな鉄の柵がベランダにあったら、実際は痛そうねww
実業家ペレ・ミラの邸宅として建設された。

住んでみたいわ(^^)

 

 

 

#02. カサ・バトリョ(Casa Casa Batlló)

 

 

大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、ガウディはこの邸宅の改築を行った。
この改築で5階と地下室を加え、玄関広間を広げ、階段や内壁を作り直し、
各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾を施したそうだ。

 

 

 

外観の大きな窓があくびをしているように見えることから「あくびの家」、
バルコニーの柱が骨のように見えると「骨の家」と別名で呼ばれている。

それにしても、タイルがかわいい(^^)

 

 

 

#03. グエル邸(Pavellons Güell)

 

 

エウセビ・グエル氏から依頼を受けてガウディが設計を手掛けた豪華な邸宅。
庶民が集う露店が並ぶランブラス通りにある。

グエル邸の向かいにあったコリアンショップでインスタントラーメンを購入したっけなww

 

 

狭い通りにあったため、引いて写真を撮影できず。正面ファザードは二つの大きな放物線アーチ。
当時バルセロナでは例のなかった鍛鉄製の格子扉。
扉上方の家主グエルのイニシャル、そして中央の鷹の装飾が圧巻。

 

 

 

また、気が向いたら、サグラダファミリアの写真を一気に掲載するっぺよ。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。