ダマリ紀行

花椒が効いた麻婆豆腐を食べるたびに思い出す大切な思い出

今夜の晩御飯は、花椒が効いた本格麻婆豆腐だった。この花椒の香りは、北京旅行を鮮明に思い出す。

デザイン会社に勤めていた頃、毎年10月に年一度の社員旅行があった。4年目の社員旅行は北京。2泊3日の短い期間ではあるが、2日目は完全フリータイム!毎年この2日目に何をするか考えるのが好きだった。

本当は一人で行動したい派だったが、北京旅行の時は3人の後輩を連れてのフリータイムだった。いたしかたなし…。でも今思い起こすと、とても楽しい1日となった。

朝からタクシーを飛ばし北京動物園へ。お目当てのパンダも沢山見ることができたし、その後、結構長く愛用することになった、かわいいパンダのショルダーバックも手に入れた。一番印象に残っている動物は、孫悟空のモデルになった金絲猴(キンシコウ)かな。4人で行動すると移動代金がシェアできるのが良かった。

その後、北京市内のメインストリートを歩きながら屋台を見て歩いて。カンフーシューズを二足購入し、しばらく、その靴で過ごしていたな。懐かしい。(もちろんチャイナドレスも購入)

北京をよりディープに感じたのは夜だった。京劇を予約し、寒い劇場で、お茶と菓子を食べながら観覧し終えた後、地元民が通うような飲食店に入って夕食をとることに。今、考えると焼肉屋だったのかな。テーブル中央には網があって、ダクトもあった。

青島ビールと、焼肉、チャーハン、麺、青菜炒め、そして麻婆豆腐など、色々注文し、安くて美味しかった。そして、この時、初めて花椒の味がする麻婆豆腐を食した。日本の麻婆豆腐ではない味。香り高く、黒い麻婆豆腐。美味しい。本場の麻婆豆腐ってこんな味なのか…。

ほろい酔い気分で、女子4人で夜風に当たりながら歩いてホテルにむかう途中、地元の子供たちが出入りしている商店でジュースや駄菓子を買ったりして、楽しかった。海外では、一人で夜は歩けないから後輩のおかげ。

ストリートで似顔絵を描いているお兄さんに遭遇し、4人とも似顔絵を描いてもらった。夜風が気持ちよくて、地元の人が絵描きさんを取り囲んでニコニコ笑っていて。その時、とっても自由を感じた。国は違えど、小さな一角で、時を一緒に過ごして笑い合う。とてもとても平和で心地よく。帰りたくなくなる感覚。

花椒が効いた麻婆豆腐を食べるたびに思い出す大切な思い出。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP