ダマリ紀行

ビートルズデビューっていつだっけ?

秋めいてくると、どうしてもThe Beatles病になってしまうダマリ。先日「YESTERDAY」という映画を観てから、そのスイッチが今年も入った模様。

今日も、ビートルズのドキュメンタリーを観ていて、果たして自分のビートルズデビューはいつなのだろうか?と思いを巡らせてみた。すると、「ひらけ!ポンキッキ」(1973年4月2日から1993年9月30日)で流れていた「Please Please Me」となった。ダマリ世代はみんな、そうだと思う。

早い人で、中学の頃とかに洋楽に目覚める人もいるだろうけど、ダマリの場合はガッツリ光GENJIだったので洋楽とは無縁w しかし、中学三年の時に、音楽の先生がビートルズの最後のアルバム「LET IT BE」を聴いて感想を書かせるという授業が一度あった。(それもレコード!!!!)

中学の頃、ダマリからみたビートルズのイメージといえば、「ジョンレノンが父に似ている」と「ガチャピンとムックはビートルズ」というそれだけだった。

その後、ビートルズにハマり出したのは上京して、会社の同僚にビートルズ好きがいたことが影響。そして、その後ロンドンに行き「ロンドンという場所が好きになったこと=ビートルズの故郷」という風に脳内変換されていった。UKでは、人生で2度自分の誕生日を過ごしている。

2010年に世界放浪の旅をした時、ビートルズの故郷リヴァプールを訪れ、どっぷりビートルズに浸る日々を過ごし、その後、アイスランドにある「イマジンピースタワー」を訪れた。ダマリ的に、ディープなビートルズに触れたことによって、「日本にもう帰ろう」と決めた。

これから先も、少しづつビートルズの歌詞を読み解き、楽しんでいこうと思う。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP