日記

完璧などない。だから、人に投げよう。

 

ダマリは、数年前まで「完璧主義者」だった。

これは、デザイナーをやっていく上で、とても厄介なもの。

完璧主義といのは、単なるエゴで、自己中と言える。

 

デザイン会社に勤めている頃から、

「お前は良いデザインをするが、時間がかかりすぎる」と言われていた。

この頃の自分は、単に自分は技量がない。と思っていたが

今思えば、「完璧」を目指すあまり、ゴールが見えず時間が足りなかったのだ。

 

このやり方は、かなりナンセンス。

自分の中で、あーでもない。こーでもない。と、考え込んで

時間ばかりが過ぎていく。

 

独りよがり。。。。

 

意味もなく徹夜をして、自分自身が疲れ果て

時間をかけて提出したデザインも、却下されたら

元も子もない。

 

過去のダマリに言ってやりたい。

「さっさと、人に投げろ!」

 

とりあえず、形がととのったら、人に投げよう。

一緒に仕事をしている仲間。クライアント。

途中で投げなくちゃ、その方向があっているかどうか分からない。

 

悩んでいても、時間ばかりが経過して

答えは見出せない。

 

今のダマリは、完璧を求めていない。

とにかく、一度全体が完成したら、投げる。

それで案外スムーズにいくものだ。

 

投げたものが間違っていたりしても

そこで、方向性が確定する。

 

クライアントに、思いとは逆の切り口を提示して

「こんなデザインにしたい」よりは「こんなデザインにはしたくない」を

聞き出せた方が、明確でわかりやすい。

 

人に投げて、前に進むことが

なにより大切だ。

コメント

この記事へのコメントはありません。