日記

ダマリの昔からの習慣【日記を書くこと】

ダマリは昔から日記を書いている。
学生の頃は、義務で書いていたが
デザイン学校からは手帳に書くようになった。

新社会人になって書かなくなり
東京時代に日記を書いていたら、
どんなに良かったろう…と思ったりする。

東京から奄美大島へ移住した事をきっかけに、
ダマリの日記再開。そこから習慣になった。

2004年から2011年は、
「8年日記」というものを購入して、毎日書いた。
10年日記、8年日記、5年日記
という種類が販売されている。

一年前は、三年前は何をしていたか、
一目瞭然で面白い。

今使っているのは、
2012年から2021年の10年日記。

2011年の誕生日に、
彼(今の夫)に買ってもらったものだ。
そう思うと感慨深い。

この日記を書き終える頃、自分や夫、
そして子どもはどうなっているか。
書きながら、未来を想像したりする。

一年前に比べて進化しているか?
常に自分を鼓舞できる。

ブログも良いのは分かっているが、
データが消える事もあるからバックアップは必須。

2010年世界放浪の旅へ出た時に、
毎日書いたブログは、
あちこちのサイトに引越しをして、
消去してしまうという痛恨のミスを犯した。

幸い日記を書いていたため、
旅の詳細を思い出すのに役に立っている。

これからもずっと、
ダマリは日記を書き続ける。

コメント

この記事へのコメントはありません。