ダマリ紀行

[モロッコ_メクネス]黄色い壁のメクネス」

 

古都メクネス。

モロッコにある城壁に囲まれた都市で

世界遺産に登録されている。

 

ダマリにとってメクネスは、

怖い思いをした都市となった。

ひと気のない道で、地元の男性がダマリの後をついてきたのだ。

 

隠れるような店もなく、

閑散とした黄色い壁の町を用心しながら足早に歩いた。

やっと店が並ぶエリアにたどり着き、さっと店に入り男の様子を伺う。

 

男は、キョロキョロしながらも

店を通り過ぎていった。

旅慣れた頃が一番危ない。再認識した体験だった。

 

メクネスは魅力的な町だったが

他のモロッコの都市に比べて、ダマリと相性が悪かった。

 

黄色い壁のせいか分からないが

ノスタルジックで、タイムスリップしたかのような

もう、ここから抜け出せないような気持ちになり焦った。

 

メクネスには少しだけ宿泊し

すぐに青い町シャウエンを目指すこととなる。

 

 

関連記事>「ダマリさん絶対好きよ!」と言われて行ってみたモロッコの青い町シャウエン

コメント

この記事へのコメントはありません。