ダマリ紀行

[日本_大分]明礬みょうばん・湯の里/別府市明礬

 硫黄臭いエリアに入る。湯煙がところどころから吹き出ている別府市の「明礬(みょうばん)エリア」。 私の実家がある鹿児島県霧島市にも硫黄臭いエリアがあるが、そこを思わせる臭いと光景。その中でも一段と目を引く建物がある。その温泉へ行ってみることに。 明礬みょうばん・湯の里 別府市明礬  道路沿いに見えるこの藁葺き屋根は何???竪穴式住居???民俗村??? 「みょうばん・湯の里」に駐車して、入り口で出迎えてくれるのは この情緒たっぷりな小屋。 実はこれ、「湯の花」を作る湯の花小屋。「別府の湯の花」を製造する技術が、平成18年3月国の”重要無形民俗文化財”に指定されたようだ。   湯の花小屋の見学は誰でも入れる。「湯の花」とは明礬温泉の地表から噴出する温泉ガスから採取した結晶で、薬用効果の高い天然入浴剤。  白く美しい「湯の花」は温泉成分そのもの。湯の花って、幼いころ家にあった記憶があるけど白じゃなく、黄色だった。あの湯の花はたぶん、鹿児島霧島のものだっただろう。 湯の花っていうより、硫黄かww??  ここ「みょうばん・湯の里」には、 大露天風呂と家族風呂がある。この小屋を1時間2000円で貸切にできるのはお安い!贅沢ぅ!家族風呂を横目に、大露天風呂は敷地内の一番上の方にある。 さ、どんどん上って行こう。  大露天風呂へ上る道の途中に、見学用の温泉がある。めちゃくちゃミルキィライトブルー!!!綺麗だなぁ。やっぱ、無色透明よりテンションあがる!   はい!到着。ここが大露天風呂の入り口。大人600円・小人(4歳~小学生)300円、発券機で購入して受付のおじさんに渡す。 露天風呂に入る前に、私が必ず買うもの。それは、水!脱水症状にならないように水は必ず持って入る。 さて、さて、今日のお湯はそんな感じかなぁ*** まずは、体を洗って内湯に浸かる。内湯には、私とおばさんが二人きり。 するとおばさんが「HOT???」 と話しかけてきた。あれ?日本人じゃないんだなぁ。台湾人かな。 「NO HOT. Where are you from?」「KOREA. Are you japanese?」「Yes,I’m Japanesse. I have been to Korea twice」「I’m fourth time. My son lives in Tokyo」こうして、韓国おばさんと色々話ができて 私まで旅行気分になれた。   露天風呂に入るときは、毎回「ぬるいな~~~」ってはじめは感じるけど次第にポカポカしてくる。これが温泉の効能なんだろう。 みょうばんが効いていて、お肌がヌルヌル!化粧水の中に入っているかのよう。おまけにミルキィブルーがたまらぁ~~~~ん。 少し、人が多くて心ゆくまで堪能はできなかったけど韓国おばさんと出会えたから良しとしよう。「アンニョォ~~~ン」と言って笑顔でバイバイ* 帰りに、温泉の蒸気で蒸した「チマキ」を購入。200円。 豚肉がゴロゴロ入っていて美味しかった* もっと寒い日に来たいなぁ。 今日という日に感謝。温泉最高! 泉 質/単純酸性硫黄泉浴用の適応症/神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// チラシ・名刺などの印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)その他にも、旅エディライターのお仕事もできます。★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP