ダマリ紀行

【INDIA】ダマリ家のマサラ・チャイ Masala Chai

 母が肺炎で入院していた時に、チャイを飲ませたら、ものすごく元気になった。「香りが良くて、元気が出る」と母を虜にしたマサラ・チャイは魔法のミルクティ。 India マサラ・チャイ  Masala Chai マサラ=香辛料、チャイ=茶。インドの庶民は、あまりダージリン紅茶などの高級茶は飲まず、アッサム茶をミルクで煮込んだスパイスティ「チャイ」を飲む。 中国から茶が伝播した際に、陸路で運んだお茶は固形茶で、湯を掛けただけではなかなか淹れられなかった事、また地域によっては水質が悪かったり、砂漠地帯などは水も少なかった為、自然にラクダや羊のミルクで煮出して淹れる様になった。 その様な形で出来上がっていったミルクティーがチャイの原型。  ■材料(4杯分)●牛乳…300cc (豆乳でも美味しい!)●水…300cc●茶葉…10g (CTC*)<チャイ用スパイスA>●シナモンスティック…3本 (手でねじって軽く砕く)●クローブホール…5粒 (頭をほんの少し火で炙ると香りが立つ)●生姜スライス…4枚 (水洗いして皮は剥かずにスライス。強い香りを出したい場合は千切り)●カルダモンホール…3粒 (緑の表皮を剥いて、中の黒い粒を包丁で軽く刻んでおく)●スターアニスホール…3粒●ブラックペッパーホール…5粒●砂糖…お好みで 精製度の低い砂糖 (三温糖、きび糖、粗目、蜂蜜)  ■作り方step1ミルクパンに水→シナモンスティック→クローブ→生姜→カルダモンを入れ、沸騰させる。(水の時点から一緒に沸かすとスパイスの香りが強くなります) Step2スパイス成分を十分抽出させるため、4分程じっくり煮出す。 step3スパイスを十分に煮出したら、茶葉を入れ、黒っぽいカラメル色になるまで煮込む。(焦がさないようにスプーンで混ぜてください) step4十分煮出したら、ゆっくりと牛乳を注ぎ入れ、スプーンで時々かき混ぜながら沸騰直前まで煮込む。(豆乳使用の場合は、煮込まないで下さい。) step5茶葉を煮出したら、砂糖をたっぷり加えて完全に溶かし、火を止める。茶漉しで漉しながら注ぎ分け、はい完成♪自分の好きな香辛料を入れると、なんでもマサラチャイですね*  ★CTC紅茶とは? CTCとは茶葉の加工製法の事で、茶葉を「押しつぶすCrush」、「引き裂くTear」、「丸めるCurl」の3工程の頭文字からその名前がきている。茶葉は1~2㎜、大きいもので3㎜程度の特徴的な形をした球状になる。CTC紅茶は、水溶成分が湯中に溶け出しやすいのが特徴。コクがあり濃厚に抽出されるので、チャイ・ロイヤルミルクティーに最も適している。 チャイを作る時に、リーフティーを煮込むとエグミの出やすが、CTC紅茶を使用するとそれを避けることが出来る。特にネパール産のCTC紅茶は、十分な紅茶の渋み・香り・色合いを楽しみながらも、エグミを避けることができる万能タイプの紅茶と言えるようだ。  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。 デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ 主な制作料金コチラからどうぞ(^^)/ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 仕事につながる名刺づくりアドバイスあなたの名刺は、ただのカードになっていませんか?ダマリと一緒に、仕事につなげる名刺を目指しましょう!●アドバイス…(1時間)1人3000円※オンラインも可能です。1名様〜 仕事につながる名刺づくり講座自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。●講座…(2時間)1人3000円※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途) ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★Facebook https://www.facebook.com/damalish★teitter https://twitter.com/Damalishcom★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/★Homepage http://damalish.com★Blog http://blog.damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP