ダマリ紀行

地球のスープ【アイスランド】世界最大!泥の露天風呂ブルーラグーン

 日本のテレビ番組で見るたびに、憧れの思いが募ったアイスランドの首都レイキャビクから南西約40kmに位置する 世界最大の露天風呂「ブルーラグーン」!!!  私がここを訪れたのは2010年11月15日。アイスランド滞在の最終日に、世界最大の青い地球のスープにどっぷり浸かった。 レイキャビック内のユースホステルや、ホテルには必ずブルーラグーン入場料込の送迎バス予約ができるため、誰でも簡単に行くことができる。  私は、夕方16:00位から、最終便のバスが出る21:00くらいまでずぅ~~~~~~っと露天風呂の中で楽しんでいた。 観光シーズンではなかったため、お客さんも少なく大きい露天風呂が貸切に近かった。贅沢ぅ~~~~~~っつ(>∀<) ブルーラグーンは、乳白色の塩温泉。天然温泉ではなく、地熱エネルギーを利用して人工的に作られたもの。地下2000mから汲み上げる地熱海水を源泉として作られた広大な人工温泉だ。 でもまぁ、日本人的には温泉!というより、巨大温水プールってイメージに近い。海外の温泉は、ほとんど水着着用だから、温水プール寄りだよなぁ。 ブルーラグーンは、世界最大の露天風呂!ってだけじゃなくて他にも魅力がある。それは「白い泥」!!  白い泥「シリカ」には美容効果があるとされていて、同成分を含むコスメ商品もある。 ブルーラグーンが温泉施設になったのは、地熱発電所から排泄された温水に含まれている「シリカ」が溶岩を覆いラグーンを形成し、そのラグーンに、作業員が浸かっていたのが始まりのようだ。シリカの白い粘度が固まって陶器のようになって、お湯が溜まっていったようだ。 作業員の一人が、乾癬という皮膚病を患っていたようでこのお湯に浸かっているうちに皮膚病が良くなったのだそう。 そんな経緯があって、この巨大人工露天風呂が出来上がった。  確かに、ブルーラグーンへ来る道中は、周りは溶岩と海だけ。どこかの惑星にワープしたような気持ちになる。 もちろんラグーンの周りも溶岩だらけで、夕暮れ時に行くと、とても幻想的で良い。  おまけに、ブルーラグーンにはバーもあり、温泉に入りながらお酒を飲むことができちゃう!!スパークリングワインを2杯飲んだ。もう極楽見えたな(笑)  夜になるとライトアップがまた幻想的* ©Guide to Iceland お湯の温度も38度程なので、のぼせることはない。私が行った11月は極寒だったので、38度はぬるくて逆に風邪をひきそうなくらいだったけど熱い湯がでるポジションをみつけては、そこに入り浸っていた。 おまけに、広いから、移動しながらエクササイズ!面積は約5,000m²(競泳用50mプール4個分)。深さは場所によってまちまちで、最深部は1.4mある場所がある。 ©Wikipedia  ↑海外の露天風呂を撮影したくて防水インスタントカメラを持って行った。(^^)なので、行く際はオススメです* 気象条件があえば、露天風呂に入りながらなんとオーロラもみれちゃうぞ!  BLUE LAGOON⚫︎効能ブルーラグーンのお湯には多くのミネラルが含まれており、皮膚疾患に効能があるといわれている他、温泉成分のひとつであるシリカが美肌効果をもたらすことでも有名。  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを! POWER to all the graphic design! 英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。 Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English. 【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】  ◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は以下の内容を記入し、お申込みください。お申込み⇒info@damalish.com①氏名 ②メールアドレス ③住所 住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、 マンション名まで記入してください。 ※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。 【デザイン屋Damalish.comネットツール】★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP