ダマリ紀行

【別府ハ湯・湯遍路】一湯目「別府湾ロイヤルホテル」/周辺エリア

 別府八湯・湯遍路の祝すべき第一湯目は、「別府湾ロイヤルホテル」ここの来るのは、今回で2回目。 ここは、実は別府八湯エリアから外れていて「周辺エリア」という分類になっている。(別府市ではなく、お隣の日出町)周辺エリアでも何ヶ所か、スタンプがもらえる場所があるので要チェック。 別府湾の海沿いにあるので、泉質は塩化物泉(○単純温泉 炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉 含鉄泉 酸性泉 硫黄泉) さっそくホテルのフロントで記念すべき初スタンプ!  わぁ~~~~~い!なんだか、海外旅行の入国スタンプみたいで嬉しいな。テンションあがるぅ。  ホテルの地下1階が大浴場になっていた。平日だということもあって、空いているし最終的に1人で貸切状態。 ©【公式】別府湾ロイヤルホテル 広~~~~い大浴場に入るなり正面のガラス越しには、別府湾の水平線が一望!こりゃあ、気持ちいい。めっちゃ開放感。 ©【公式】別府湾ロイヤルホテル そして、外に出るとさらに開放的な露天風呂!!!!全裸で海を眺められるのは本当に最高。私が訪れた時刻は15:00~16:00だったが少し陽が暮れ始めていい感じだった。夕方になれば、もっと美しいだろうな。 ©【公式】別府湾ロイヤルホテル おまけに、女露天風呂には、バラがちりばめられていてほのかに香るから、ゴージャスな気分に。あぁ、クレオパトラな気分。 岩風呂って好き。ずっと浸かってられるわぁ…。サウナもあるので、サウナ好きの方はどうぞ。(私は苦手で…。ミスト系は好きだけど。) ボディソープ、シャンプー、リンス、洗顔ソープ、角質落とし、化粧水、乳液など備え付け。(私の好きな馬油シリーズと、資生堂シリーズ2種)ドライヤー、ブラシ、綿棒ももちろん完備。フェイスタオルは無料貸出、バスタオルは300円。 入湯料は1000円。ランチ利用のレシート掲示で半額になる。開放感がたまらない温泉だった。 別府湾ロイヤルホテル⚫︎効能神経痛/筋肉痛/打ち身/切傷/慢性皮膚病 等 ⚫︎泉質ナトリウム塩化物泉 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを! POWER to all the graphic design! 英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。 Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English. 【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】  ◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は以下の内容を記入し、お申込みください。お申込み⇒info@damalish.com①氏名 ②メールアドレス ③住所 住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、 マンション名まで記入してください。 ※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。 【デザイン屋Damalish.comネットツール】★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP