デザインコラム

編集者・ライター櫻木よしこさんから添削してもらったブログ記事ビフォー・アフター!

 先日、編集者・ライター櫻木よしこさんの「読まれるブログの書き方講習会」で私のブログ記事を添削していただいた。 やはり、こうして添削していただくと自分のクセみたいな部分が分かる。 意識して、文章を書くように心掛けよう。赤い文字が添削部分。斜線文字はトル部分。 ——————————————-(以下、修正記事)——————————————- 別府ハ湯・湯遍路】二湯目・明治37年創業別府湾一望「花菱ホテル」/別府温泉エリア  別府八湯・湯遍路の第二湯目は、「花菱ホテル」なんとも渋い!!!!昭和建築の緑・茶・白の色合いといい、家紋っぽいロゴがなんとも渋い! 別府湾の海沿いにあるので、泉質は塩化物泉(○単純温泉 炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉 含鉄泉 酸性泉 硫黄泉) 別府八湯湯遍路にかかせない「温泉本」に「無料3湯めぐり」という付録がついていて2016年度版の無料3湯のうちの一つが、ここ花菱ホテル。 私が到着したのは午後15:00。団体客のチェックイン時刻に重なってしまったのか、ホテル周辺には、花菱ホテルスタッフが数人セカセカしていた。 そんな中、ホテルフロントに厳選券とスパポートを掲示して二湯目のスタンプゲット!やった~* スタンプも渋い!家紋みたいだな。だと思ったスタンプは、やはり家紋だった。そう思っていたら、やはり家紋だった。もともと古くは、花菱旅館という名だったらしい。 うみ館7階に大浴場があります。っと案内され、いざ7階へ。 なんとも旅館のような佇まい。いいねぇ。 中に入るときは、お客さんの入りが気になる。だいたいお客さんが少ない時間を狙って来るのだけど。れど今回は私の他に2名いらっしゃいました。   暖簾をくぐるなり、目についたのがズラ~~~~~~っと並ぶコレ!シャンプーand・コンディショナーのセットが5種類ほどある。 なんと、シャンプーバイキングという花菱ホテルのサービスだ。シャンプーand・コンディショナーのセットが5種類ほどある。こんなの初めて!色々いろいろと、考えるなぁ。(ちなみに私はTSUBAKIを選んだきらきら) そして、お待ちかね大浴場! じゃじゃぁ~~~~~ん!!!海沿いに面する大浴場からの景色がすごいは壮観!別府湾一望なのは、もちろんのこと、左手には国東半島、右手には高崎山(猿山)、そしてうっすら正面に見えるのが四国の佐田岬!?贅沢な景色をながめながらの、源泉かけ流し温泉! うたせ湯もあったから、肩や腰をほぐした。あうぅ~~~~。欲と言えば、もう少し強めでもいいなぁ…。 シャワーの湯も温泉だった。普通、シャワーとかは真水を使用しないか?舐めたら、しょっぱかったから。間違いない。 温泉カルテによると、「薄緑色でわずかに濁った湯。モール泉の香りもかすかに香る」と書かれているがモール泉ってなんだ?調べてみると「植物由来の有機物(腐植質)が溶け込んでいて(正確にはコロイド)、黄褐色~褐色~黒色の独特の色を呈する温泉の通称」 色々な各種温泉に入って、少し学んだことは、海沿いは塩化物泉が多い。そして、塩化物泉の湯は保温効果が高い!ということだね。 普段、クナイプのバスソルトを使用しているけど塩(ナトリウム)系は、保温効果があるわけだ。 入湯料は、大人500円。シャンプー、コンディショナー、洗顔アメニティグッズは揃っている。タオルは、フロントにあるようだが有料か無料かは分からず…。 タオルだけは、いつも持参しよう(^^)/ 花菱ホテルの在る北浜エリアは、バスセンターや別府駅、商店街があり、観光客が多く行き来するエリア。北浜エリアだけでも、温泉が沢山!!! さ、次はどこにいこう。タオルだけは、いつも持参しよう(^^)/  【花菱ホテルDATE】入湯料は、大人500円。シャンプー、コンディショナー、洗顔アメニティグッズは揃っている。タオルは、フロントにあるようだが有料か無料かは分からず…。 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!POWER to all the graphic design!英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English. 【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】  ◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は以下の内容を記入し、お申込みください。お申込み⇒info@damalish.com①氏名②メールアドレス③住所住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、マンション名まで記入してください。※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。 【デザイン屋Damalish.comネットツール】★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)http://blog.damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP