日記

私にとって、パートは課外授業

 私は、大分県に昨年2016年9月に移住してそして9月下旬からパートを始めた。 私が大好きな世界が現実になったような場所に一目惚れ。自分の中では、「魔女パート」と呼んでいる。 大分に移住した当初、誰も知り合いもいないし、大分の事もよくわからないし、デザインの仕事も開拓せにゃならないしで八方塞がり。気が滅入っていた。 知らない土地で朝を迎え、とりあえずMacの電源を入れる。1日中部屋から出ず、ネットサーフィンばかりして精神状態がいい訳がない。 とにかく、話し相手が欲しかった。とにかく、知り合いを作りたかった。 そんな手探りの状態で、「そういえば、ハーブ園っていう看板があったなぁ。どんな所だろう」とホームページを開いて見てみると偶然みつけた「スタッフ募集」。すぐに申し込んだ。 パートを始めて、この3月で6カ月。早いもので半年経った。ローズとハーブで有名なこの場所は、全国からお客様が集まってくる。有名なおしゃれ雑誌にもたびたび取り上げらている。知る人ぞ知る、秘密の花園っという感じかな。 レストランには、園内で作られたハーブをふんだんに使った料理を食べる事ができるしショップには、園内ブレンドのハーブティが豊富。四季折々のハーブはもちろん、春と秋に咲くローズガーデンは見事。今の3月の時期はミモザが来客の目を楽しませてくれるし4月はカモミール、5月はローズ、6月はラベンダー、と自分自身楽しみにしている。 そのため、来客も多いし、オンラインショップも3つ運営しているため、仕事は超多忙。あれもこれも、なんでもやらねばならない。 そんな多忙なパートだけど、私は「吸収できるものは全部吸収してやる!」という思いで真剣にパートをしている。 植物の知識はもちろんのこと、今の私にとって、お客様へのサービスや会社の経営の仕方がとても勉強になっている。(注意:自分が惚れ込んだ場所じゃないと意味がないけど) ここの社長は、40代で若い。頭の回転がめちゃくちゃ早いし、私の無理な相談にも親身になって応えてくれる。時々怖いけどww、それが経営者の威厳だと私は思う。 デザインの仕事はMacに向かったままで、口をあまり開く事がない分、様々なお客様と顔をあわせたり、話をするのが楽しい。時々、クレームじじい、ばばあもいるけどww今の私にとって、いいバランス。 受付でチケットを渡したり、レストランのホールで接客することもあれば、ゼリーキャンドル作りを教えたり、オンラインショップの伝票制作、梱包・配送、オンラインショップの商品ページ制作などなど。 どの業務でも、学ぶ事が必ずある。だから考えて仕事をする。やらされているのではない。自分から考えてやっている。 今の私にとってパートは、デザイン業をするための課外授業だ。 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】2017年4月16日(日)好きを仕事にする見本市かさこ塾フェスタin東京浅草橋マガジンブースに置かせていただきます!興味をお持ちの方は、お気軽にお持ち帰りください(^^)/  ◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は以下の内容を記入し、お申込みください。お申込み⇒info@damalish.com①氏名 ②メールアドレス ③住所 ④部数 住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、 マンション名まで記入してください。 ※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。 【デザイン屋Damalish.comネットツール】★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Amazon Kindleリリース中

名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
 小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP