日記

[中米_メキシコ]ジャカランダの季節~桐の花に似ていることからキリモドキ

 先日、魔女パートで受付をしているとちょっとヤンキー風のおじさんが片手タバコで「ここは、ジャカランダないの?」と聞いてきた。 おじさんは、近いうちにブエノスアイレスにジャカランダを見に行くという。へぇ~~~~、人は見かけによらずwwwおじさん、南米に飛ぶんだね。 私がアルゼンチンのブエノスアイレスに行った時は、すでにジャカランダの季節は終わっていたがちょうど、中南米のメキシコへ入国した3月末、ちょうど今の時期ジャカランダが満開だった。 ジャカランダは桐の花に似ていることからキリモドキという和名がついている。  アメリカのエル・パソという街から長距離バスで国境を越え、メキシコのメキシコ・シティへ移動した。 メキシコ・シティに入るなり、バスの車窓から目に飛び込んできたのは薄い紫、ライラック色の花!なんて美しいのだろう!!!なんていう花!?私は、当時その木の名前を知らなかった。 薄紫の街路樹が、私を歓迎してくれていた。Welcome to Mexico! 日曜日の公園。出店が軒を連ねる。  中心街から電車で数分の場所に画家フリーダ・カーロが幼年期を過ごし、終の棲家となった「青い家」がある。その区域は、閑静な家が立ち並び、とても静か。東京でいう、代官山みたいな感じをうけた。 ジャカランダがその街を、より素敵に魅せてくれた。    ジャカランダの花と、ブーゲンビリアの花びらが落ちてできた赤紫色の絨毯。心が華やぐ。 ジャカランダとブーゲンビリア。最高のコラボ。生命力溢れる美しさ! 教会へ続く道を歩く母と息子。お母さんのスカートが、ジャカランダ色で私の目を釘付けにした。 おじさん。ジャカランダの花、めいいっぱい楽しんできてくださいね。¡Tener un buen viaje! ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】2017年4月16日(日)好きを仕事にする見本市かさこ塾フェスタin東京浅草橋マガジンブースに置かせていただきます!興味をお持ちの方は、お気軽にお持ち帰りください(^^)/  ◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は以下の内容を記入し、お申込みください。お申込み⇒info@damalish.com①氏名 ②メールアドレス ③住所 ④部数 住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、 マンション名まで記入してください。 ※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。 【デザイン屋Damalish.comネットツール】★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP