日記

【乗馬への道】ブリティッシュとウエスタン

私が乗馬をはじめたのは、2016年3月。2013年あたりから、乗馬をしたくてたまらなくなりいつも機会を伺っていた。 右も左もわからないまま、乗馬を始める。するとFBのコメントに「私はウエスタンが好き」と書かれていて日本での乗馬では大きく2種に種類が分かれている事を初めて知る。  ●ブリティッシュ イギリス式の乗馬スタイル。 ギリシャ、ローマなどの古典馬術を発祥としてヨーロッパで発達したもので、オリンピックの障害飛越や馬場馬術の競技が代表格として有名。現在行われている競馬も、ここから進化したもの。 特徴は、「より強く」「より美しく」ということを目指して人馬を鍛えるという、スポーツ的な発想に基づいている。手綱をしっかりと張り、鎧に乗ったバランスを保ちながら、馬の動きに合わせた随伴のアクションによって、人馬一体となって動きながら、馬が全力を発揮するように導こう、という感じ。 基本は、手綱を両手で持つ。足と体は垂直。ヘルメットとベスト着用。馬術の場合は正装。   ●ウエスタン アメリカで発達した乗馬スタイル。 中南米を植民地としていたスペインやポルトガルの牧童や騎兵の乗馬方式が、メキシコからアメリカ西部へと伝わり、カウボーイの乗馬スタイルとして発達したもの。 牧畜という仕事の中で進化した技術なので、人馬を鍛えるというようなことよりも、いかに楽に、効率的に動作を行うかということが追求される。 基本は、手綱を片手で持つ。(片手で手綱、片手でローピングなど仕事をするため)足はやや前気味。 カウボーイハット、ジーンズ着用。   ●ダマリ的両者の違い ブリティッシュは、馬と一緒にするスポーツという感じかな?目指すべきところは、障害物や馬術だから、レッスンもきっちりしている。 ウエスタンは、馬と一緒に出かけるという感じかな?馬に乗ってお仕事したり、トレッキングしたり、自由度が高い。 初心者は、断然ウエスタンが良いと思う。その方が楽しめる。 私は、どちらも好きだ。どちらも習っていきたい。カウボーイハットも被りたいし、Britishスタイルで障害もやってみたい。 とにかく馬はかわいいし、スタイル良いし、最高だ。馬にのると、じんわり温かい。馬のぬくもりがなんとも癒される。高い位置から望む景色も素晴らしいし、風も最高だ。 ギャロップ(全速力)までできるようになったら人生観かわるだろうなぁ〜〜〜〜  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを! POWER to all the graphic design! 英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。 Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English. 【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】  ◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は以下の内容を記入し、お申込みください。お申込み⇒info@damalish.com①氏名 ②メールアドレス ③住所 ④部数 住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、 マンション名まで記入してください。 ※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。 【デザイン屋Damalish.comネットツール】★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP