日記

【ラベンダーの種類】覚えやすいのは、うさぎの耳を持つ早咲きのストエカス系ラベンダー

 ローズガーデンがあるハーブ園で魔女パートをしているダマリです(^^)悶々とデスクに向かいっぱなしのデザイン業から、沢山の植物に触れることができる魔女パートは本当にありがたい職場。私のリズムにピッタリで幸せきらきら そんな中でも、人気のあるハーブ園だけに、とっても多忙!ラベンダーのお問い合わせや注文も増えている。 ラベンダーと言っても、その種類たるや半端ない。ラバンディン系だのストエカス系だの、様々な系統がある。 お問い合わせで多いのは「リースを作りたいのだけど、オススメのラベンダーは?」「初心者ですが、育てやすいラベンダーは?」「違う種類のラベンダーを一緒に植えても大丈夫ですか?」「暑さに強いラベンダーはなんですか?」などなど、お問い合わせだけでも対応するのは大変だ。 自分でもラベンダーの事を良く知りたいのでブログを書きながらまとめることにする。  ●アングスティフォリア系(イングリッシュ系) 一般的に「ラベンダー」と呼ばれるのはこの系統。北海道で有名なラベンダー畑も、この種類のラベンダーだ。この系統は、イングリッシュ系と呼ばれていて、オカムラサキ、ヒドコート、濃紫早咲3号、ナナロゼア、スパイカナナ、ヨウテイ、ミスキャサリンなどがある。 コモンラベンダーと真性ラベンダー呼ばれている系統だ。花は濃い紫色で、質感はベルベット状、上質な精油が採れて香りもアロマやポプリに使われる。   ●ラバンディン系 アングスティフォリア系とスパイクラベンダーの自然交雑人為的交配によりできた系統。暑さに強く株が大きくなるので、初心者におすすめのラベンダー(^^)グロッソ、グロスブルー、インプレスパープル、アラビアンナイト、ディリーディリー、スーパーなど。スコティッシュコテージを、堂々とお客様に「スコティッシュフォールド」と言ってしまったのは私です… アロマの精油をとるために品種改良されたラベンダー。アングスティフォリア系に比べ、樟脳のようなツンとした香りが強く、花穂が長く、ラベンダースティックやリースをつくるのに適している。   ●ストエカス系 ホームセンターで「ラビット」という札がついているのを見かけた事がある。うさぎのような耳をもつ可愛いラベンダー。別名「フレンチラベンダー」とも呼ばれている。 香りはあまり強くないが地植えに最適で、暑さに強く初心者にもってこいのラベンダー。早咲きのラベンダーで4月頃に花を咲かせ、楽しませてくれる。 アボンビュー、マドリードピンク、バルセロナローズ、リバティ、など紫以外にも、鮮やかなピンク、赤など色や容姿で楽しむラベンダーが多い。 葉がシルバーで「プラチナラベンダー」と呼ばれるラベンダーもこの系統。   ●デンタータ系 デンタータと呼ばれるからには「歯」と関係がある?このラベンダーの系統は、葉が葉のようにギザギザしているのが特徴。 フリンジドラベンダーとも呼ばれていて、生育旺盛な品種で繰り返し花を咲かせてくれる。   ●プテロストエカス系 花屋さんでよくみる鉢植えがレースラベンダーと呼ばれるこの系統。シダの葉のように深い切れ込みがある。 寒さには弱いので、冬には鉢上げを。香りは弱い。お花も他のラベンダーとは違い、特徴があるからわかりやすいね〜。   今日は、ラベンダーをまとめてみたけどミントも、ゼラニウム、セージ、タイムも種類が多い!!!!もっともっとハーブの魅力に迫っていきたいと思うダマリでした*   /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを! POWER to all the graphic design! 英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。 Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English. 【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】  ◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は以下の内容を記入し、お申込みください。お申込み⇒info@damalish.com①氏名 ②メールアドレス ③住所 ④部数 住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、 マンション名まで記入してください。 ※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。 【デザイン屋Damalish.comネットツール】★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP