ダマリ紀行

[中米_メキシコ]夏だ!海だ!フローズンマルガリータだ!ベースに使用されているテキーラは何からできている?

どんな酒も、塩をなめながら飲むガールフレンドのために、1936年にメキシコのホテルのバーテンダーが、ガールフレンドの名前をとって名付けたカクテル「マルガリータ」 中でも、夏にぴったりのフローズンマルガリータはテキーラ、ホワイト・キュラソー(オレンジ風味のリキュール)、 ライム・ジュースで割った爽やかでいて辛口なカクテル。書いてる矢先から飲みたくなるわ…。 私は、あまりカクテルは飲まないがBARにいく機会があると、マルガリータ、もしくはフローズンマルガリータを注文する。(あとは、チンザノかな) バックパッカーをしていた頃、メキシコのリゾート地「カンクン」を訪れた際、貧乏旅行者の私が唯一目標にしていたことは「フローズンマルガリータを高級ホテルで飲む!」という単純なことだった。 今思えば、おもいっきってキューバに渡って他のことを楽しめば良かったがその頃の私には、キューバ知識はほとんどなくとにかくフローズンマルガリータを飲んで、この地を去る!という意味不明な衝動に刈られていた。 マルガリータのベースである「テキーラ」みなさんは、このテキーラは何から作られているかご存知だろうか? テキーラは、竜舌蘭(アガペ)という植物からできた蒸留酒である。ん?ところでアガペってどんなの? ↑これ。カンクンのホテル内にあったテキーラ博物館の写真。なんだか、パイナップルの巨大版みたいだねwww ホテル周辺に、アガペを植えている場所が結構あった。 アガベは苗の状態から植えられ6〜8年後に収穫されるのだという。 ↑収穫は生育したものから順に通年にわたって行われ、コア (Coa) と呼ぶシャベルに似た専用の鎌が用いられる。 ↑葉を切り落とされ収穫されたアガベは、パイナップルに似た形をしているので、ピニャ( piña、パイナップルという意味)と呼ばれている。ピニャは大きいものでおよそ50kgほどあり、傾斜を伴う畑からはラバを使って搬出する伝統が守られているそうだ。 ↑伝統的な方法では収穫後、石を敷き詰めた穴にピニャを積み重ね、下から燻製に近い形で30時間程度蒸し焼きあげる。 蒸しあげたアガベを1週間放置し、その後これを石臼ですり潰し汁を絞り出し発酵させる。 ↑全てのテキーラメーカーはCRTの認可が必要であり、テキーラのラベルにはメキシコ公式規格である「NOM」のイニシャル、テキーラ規制委員会の認証である「CRT」のイニシャルと、4桁の番号が印刷されている。皆さん、購入する際は要確認。 こうして、テキーラの作り方を、勉強したのちにいざ、ヒルトンホテルへ。  こ汚い格好で、ホテル内のバーに潜入。メニューを見るも、私はただただフローズンマルガリータを飲むためにここへ来たのだ! と、すぐにオーダー。 Una Frozen Margarita por favor. ウナ フローズンマルガリータ ポルファボールフローズンマルガリータをひとつお願いします。 Para llevar.パラジェバール持ち帰りで。 片手にフローズンマルガリータ、そしてビーチに繰り出す。 この一杯のために、目的を達成した贅沢な時間。 ヒルトンのビーチで夕日が傾くまで、佇む。そして、また安宿へ戻り次の国へと思いを馳せる。メヒコ、最高〜〜〜!ムチャスグラシャス!  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart 編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」によるセルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー) プロの編集者とデザイナーを使ってあなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/123,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから デザイン屋Damalish.comネットツール ★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP