日記

もし私が飲食店を経営するなら。

私の家族は、調理一家。父も弟も、そして母も全員、自分の店を経営していた経験がある。(私は、調理師免許だけ持っているペーパー調理師ww) そんな中で育った私は、「飲食店なんて、経営するもんじゃない」と思っている。食事を作って、お客様に提供する。これは、とても大変なことだ。 「もし、私が飲食店をやるなら、、、」と時折考えるようになっている私がいる。あれもこれも提供するお店ではなく、何かワンメニューで専門店でやっていきたい! そんな中で、私の「これだけは自信を持って提供できる!」と言う食べ物3つをご紹介(^^)/  その1)鹿児島県奄美大島の郷土料理「油そうめん」  私が、もし海外進出してお店を構えるなら、この「油そうめん」の店を出したい。主な材料は、いりこ、そうめん。この2つは、保存食なので腐ることはない。ニラやネギは、チャイナタウンなどで入手できるし、自家栽培もできる。見た目は素朴で華やかさはないが、「美味しい!」と言わせることができる自信がある。 油そうめんは、シンプルな料理だがシンプルがゆえに個人差が出る。色々なお店で油そうめんを食べたが、私の母と私に勝てる油そうめんはない!と言い切れる。ww  その2)ブラジル版おじや Canja カンジャ 私の中のお袋の味は、このカンジャ。小さい頃から大好きで、よく食べていた。両親がブラジルで出会って結婚したため、母がブラジルから持ち帰ってきた味。チキンの出汁が決め手で、ご飯にかけて食べる。ニンニクがたっぷり入っていて、私の中では「食べる点滴」。 母のカンジャは、トマトも入れていて赤い。この赤いパワーが出るスープを、魔女の鍋でグツグツ煮る見せ方をして「魔女スープ店」として出してみたい。  その3)タイのレッドカレー タイのカレー屋なんて、たくさんお店があるから、これでお店は開きたくないけど、味には自信がある!私は、レッドカレーペーストを使用せずカレー粉、豆板醤、ニンニク、生姜、ナンプラーで作る。仕上げにココナッツミルクね♪ これを作ると、彼の家族も私の家族も親戚も大絶賛!もし、油そうめんとカンジャのお店を開くなら裏メニューで、このレッドカレーを出そうかな。 もし、今すぐ願いが叶うなら海外で日本人宿を経営して、この3つのご飯を提供したい* ちなみに、ドリンクで自信があるのはスパイスたっぷりのチャイ、ライムたっぷりのカイピリーニャかな♪皆様のお越しをお待ちしております!ww  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 電子版制作代行いたします!「自分で電子版カタログ作るの面倒だなぁ。やってくんない?」という方は、デザイン屋Damalish.comにご相談ください(^^)/  セルフマガジン制作produced by POWER for Restart 編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」によるセルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー) プロの編集者とデザイナーを使ってあなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/123,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから デザイン屋Damalish.comネットツール ★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP