日記

動けないほどの二日酔いになったら?酒豪に思われているダマリの対処法

 私は、お酒を適度に楽しむ方だ。周りの人には「酒豪」だと思われているがそれは私の外見で判断した偏見である。 今日のブログタイトルにある「二日酔い」はここ数年体験していないし、する気もない。永遠に二日酔い、おさらばじゃ!! お酒を飲みすぎて、翌日、二日酔いで1日潰れることがバカバカしく思えて、そんな自分に嫌気がさしてきてから泥酔するまで飲まなくなった。 が、そんな私の「二日酔い」は酷いもので毎回とてもヘビーでグロッキー。会社を休んだり、早退したこともある。 私が飲むお酒は、大抵赤ワインやスパークリングワインなどの醸造酒が多いため飲みすぎると、頭ガンガンで、体の穴とい穴から色々なものが出て、脱水状態に陥る。はっきり言って動けない。酷い時には、三日酔いまでなる。これは完全なる「病気」だ。 故に私は、酒豪ではなく、むしろ弱いことになる。 二日酔いにも色々な種類があるが、一日中ベッドから動けない人にダマリの対処法をご紹介したい。(一番良いのは、病院で点滴ww) その1)すぐに、水、炭酸飲料をガブ飲みしない炭酸飲料を飲むと、胃がスッキリした感覚にはなるが、その後気持ちが悪くなって吐くのがオチ。二日酔いの時は、とにかく胃の中を空にしよう。水もガブ飲みしてはいけない。飲むなら、ちょこちょこ、吐かない程度に補給しよう。 その2)吐くものを吐いて、なんとなく胃が空になった感覚がしたら100%リンゴジュースを飲むリンゴジュース。普段、私はあまり飲まないが二日酔いの時には、リンゴジュースが救世主に見える。この方法は、弟から教えてもらったが、他の水分は吐くのに、リンゴジュースを飲むと不思議と吐かないのだ。(吐かなくなったら、少しづつ水分補給。出来たら水よりもスポドリ) その3)リンゴジュースを飲んでみて、しばらくしても吐かなくなったら、しじみ汁を飲む小腹が減ったからと言って、素うどんを食べるのは、あまりオススメしない。よほど、お腹が減って回復したなら良いと思うが、とにかく体は弱っている。胃も泣いている。そんな時は、しじみ汁を1杯飲む。もちろんインスタントでOK。空っぽの胃に染み渡る味噌の程よい塩分が、身体中に染み渡り、生き返るのが分かる。 以上、この3つが、ダマリの二日酔いの対処法。だいたい、午前中は、吐きっぱなしでベッドで屍になっていて、お昼にリンゴジュースを飲む。そのまま屍状態が続いて、お風呂でサッパリして小腹が空いた頃に、しじみ汁。 とにかく二日酔いは、アセトアルデヒドという毒素を体から排出せねばならない。上からも下からも出すだけだして、吐くだけ吐いた方が治りが早い。けど、脱水状態になっているので、水分補給はとっても大事!!! 番外編その1)潮水に浸かる(海辺)これは、私自身が編み出した方法かもしれない。キャンプで飲みすぎて翌朝、二日酔いになったことが二度ある。次の日も、レジャーを楽しむはずが、二日酔いでグロッキー。超最悪なパターン。そんな時に、下半身だけ海にチャポーン…と浸かってみよう。しばらく浸かっていると二日酔いが抜けているではないか!太陽と水と潮の影響なのだろうか?未だに謎だが、ダマリの実証済み。海で二日酔いになった人は、泳ぐのではなく(危険)、浜辺で下半身だけ潮水に浸かろう。 番外編その2)ナイアシンフラッシュみなさん、ナイアシンフラッシュをご存知だろうか?ナイアシンを服用すると「ヒスタミン」が血液中に放出され、全身に赤い斑点が出来始める。これがナイアシンフラッシュ。蕁麻疹が身体中に起こる。「ヒスタミン」はアレルギーや蕁麻疹、食中毒の原因となる物質。これを意図的に放出させ、デトックスを狙う。私は三度ほど、ナイアシンを服用した。これがテキメンに効く!!蕁麻疹状態が続いて、体全身に熱を帯び、しばらくすると赤みが引く。するとお風呂上がりのようにサッパリして、二日酔いが抜けている!すげぇ!でも、やはりこれはちょっと怖いから人にはオススメはしたくない。 ま、ここまで二日酔いの対処法を書きながら思うことはやはり「二日酔い」にならないことが一番の対処法!お酒は適度に!自分の体を労ろう!肝臓が泣いてるぜ!  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart 編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」によるセルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー) プロの編集者とデザイナーを使ってあなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/123,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP