日記

イジメ、万引き、両親の離婚。そして、最愛の母の死。負の思い出が洞察力へ。

  私は結構、神経質。かといって、潔癖症ではない。 ただ、「人」において色々感じ取ってしまう。 霊感とかそういうものではなくて、これは生い立ちだと思う。  いじめをしていた小学2年生時代 小学校2年の時に、ジャイアンのような性格で言うことを聞かない友人たちを前に、いばっていた。イジメというより、家来みたいにしてしまっていた。 ある日、家来みたいになっていた子が授業中、泡を吹いて倒れた。私は、とっても怖くなって、自分のせいだと思った。 結局、その日の夕方、家にお見舞いに行くと大事には至ってない様子で、子供ながらに安堵したのを鮮明に覚えている。そこから、イジメというか威張ることは辞め、誠実に生きることを学んだ。   いじめられた中学2年生時代 中学2年の時、私は友人たちから相談されやすい立場にいて特に、恋愛の話など結構受けていた。(別に経験豊富でもないのにw) そして、私は、友人たちの相談リストをノートに書いて今で言う「マッチング」みたいなことをやろうとしていた。 この人とこの人は、両思いなのに、想いを伝え合ってないなぁ。ここは、三角関係だから、どうにかした方がいいなぁ。 勝手にこんな事をしていて、ある日、このノートをクラスの女子に見られた。 ここから、イジメがスタートする。 その頃のイジメは、たいしたことないが(集金袋やシューズをゴミ箱へ。椅子に押しピンw)その時の経験で、再び誠実に生きることを学んだ。ww   万引き癖があった小学4年生時代 はじめて万引きしたもの。それは、いとこの家にあった、かわいい箱。これをお腹に隠していると、みつかった。 その後、サンリオショップに行って、かわいいペンシルを盗んだ。1度すると快感になり、2度目もやってしまった。 そんな万引きの癖があった頃、ある時、クラスの机の中に見えた、かわいい5色ペンを万引きし、それが見つかりクラスと担任に囲まれ、事情徴収された。これをきっかけに、万引きから一切手を引き、学校から親に連絡が行き、その時の祖父母、両親の悲しい顔が今でも忘れられない。 でも、この頃から、両親が仲が悪く、ちょっとストレスが溜まっていたのかもしれない。   小学5年で両親が離婚し、父方についた私。親が離婚すると、人の顔を伺うようになる。同窓生の親が陰口を叩いたりする。なぜか、離婚した家の子供は、野良犬のような扱いをされる。 私は胸が痛かったけど、男手一つで懸命に育ててくれている優しい父と農家でバリバリ働く祖父母の背中を見てたくましく育った。そして、離島で暮らしていた母も、愛のこもった小包をいつも送ってくれていた。 そんな環境で養われたのは、「人を見る目」。洞察力かな。それが、知らず知らずのうちに、神経質になっている原因かもしれない。 話をしたり、行動をみたり、今では、メッセージを見て感じ取ってしまう。かと言って、「この人は、こんな人よ」という事を他人に言ったりはしない。そして、自分の洞察力を過信して「思い込み」にならないように気をつけてもいる。 負の思い出が、洞察力に。この力を、正へ!!!!そう思えるようになったのも、最愛の母の死を体験したからだろう。 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 主な制作料金コチラからどうぞ(^^)/ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。 デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」があなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/123,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★Facebook https://www.facebook.com/damalish★teitter https://twitter.com/Damalishcom★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/★Homepage http://damalish.com★Blog http://blog.damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP