ダマリ紀行

[アジア_インド]ひょっこり出てきたサイババの写真。伝えたい想い。

 サイババ。一時期、日本でも話題となった。 日本に置けるサイババに対する位置付けは「霊能者」「宗教指導者」「マジシャン」「ペテン師」など、オカルト要素満載! しかし、それは間違っているという事を今日は書く。 私がサイババに興味を持っていたのは、デザイン学校時代。19か20歳の頃。「超常現象」というモノに興味津々で「THE X-FILES」にもドハマりしていた。 当時、そんな私にドンピシャな怪しい店があり店主さんは、いかにもハシシなどを吸っていそうな風貌で、売られているのは、X-FILESやスターウォーズをはじめとする海外製品、インドへの格安航空券、そして、サイババグッズも売られていた。 上記に載せているサイババの写真は、そこで買ったものだ。 なぜだか分からないが、私はこの1枚に惹かれお守りのようにずっと持ち歩いていた。 そして時は流れ、20年経過した現在2017年。この間、実家に帰省し、アルバムをめくっていると不織布の袋が出てきて、「なんじゃ?」と中を見ると、このサイババが出てきた。 それまでの私は、サイババの記憶なんて吹っ飛んでいたしこの写真も、どこかに行ってしまっていると思い込んでいたため、ちょっと驚いた。 そして、ついに「インドから呼ばれている。」と強く思った。インドは、呼ばれるものだからだ。選ばれた者しかインドへ行くことはできない。 私は昔からインドに行きたかったが、呼ばれる時をずっと待っていた。そんな事、誰に言っても笑われるだろうが、これは本当だ。 サイババは、決してオカルト要素を持つ人ではない。 2011年に95歳で亡くなったサイババは、マハトマ・ガンディーや、マザーテレサと並ぶ扱いで国葬された尊い人。存命中サイババは、教育者、社会奉仕家、人道的活動家として、インド政府が成しえなかったことを、率先して行い宗教に関係なく、人々に無償の愛を届けていた。 サイババを崇めに人々が集まるのはカルト宗教信者が集まるのではなく、無償の愛に溢れた人だから集まるのだ。  ・唯一の宗教が存在します、それは愛という宗教です ・唯一のカーストが存在します、それは人類というカーストです ・唯一の言語が存在します、それはハートという言語です ・唯一の神が存在します、神はすべてに遍在していますサイババの言葉より。  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// ちなみに、インドには、「サイババ」が2人いる。サティア・サイ・ババシルディ・サイ・ババ。 前者はアフロサイババ。インド人が「サイババ」呼んでいる人は、後者。↓シルディ・サイババ ここでは、この2人の違いの詳細は割愛。(wikiのリンクを貼っておく)   /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 主な制作料金コチラからどうぞ(^^)/ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。 デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」があなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/123,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★Facebook https://www.facebook.com/damalish★teitter https://twitter.com/Damalishcom★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/★Homepage http://damalish.com★Blog http://blog.damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP