日記

ダマリ唯一の病歴

 私は過去41年間、大きな病気を患ったことはない。が、病院に行くたびに毎回書かねばならない問診票には唯一書く病歴が一つだけある。 それは「小児紫斑病」。保育園に通っているころ、年長組になった6歳になる年に発症。1、2週間ほど市立病院へ入院した。 その頃覚えていることといえば、入院する日、病院内の食堂で、ホットケーキを食べた。私自身の感覚は、大きな建物の場所に家族全員で、レストランで食事してワクワクする感じ。 私が入院している間、祖母が同室に寝泊まりしてくれたのでホームシックや寂しさなんていうのは、感じなかった。 鮮明に覚えているのは、おしっこやウンチをしたかどうかの紙。イラストが描いてあって、そこを塗りつぶす感じだった。 紫斑病にもいくつか種類があり私は今調べてみると「特発性血小板減少性紫斑病(ITP)」だった可能性が高い。 子どもの特発性血小板減少性紫斑病(ITP)では、急性型が75%〜80%を占めているようで急性型の場合には、6ヶ月以内に血小板数が正常に回復し治ることが多い。 私の場合は、よくなったが、「中学生」になるまで注意が必要だったみたいだ。バレーボールをした時に、腕に紫斑ができた覚えはないだろうか?あれが、全身に広がる。 父と母は、私が紫斑病を発症した時に「奇病」だと心配し神社にお祓いに行った。という話を聞いた。 そのおかげで(!?)私は、その頃退院してから発症はしていないし見ての通り、健康そのものだ。 健康は宝。親からもらった大切な体。大切に自分自身で管理して守って行こう。  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 主な制作料金コチラからどうぞ(^^)/ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。 デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」があなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/135,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★Facebook https://www.facebook.com/damalish★teitter https://twitter.com/Damalishcom★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/★Homepage http://damalish.com★Blog http://blog.damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP