ダマリ紀行

自称「食通」にモノを申す

 今夜は、鯛のあら焚きを作っている。その最中に、思い立ったのでブログに書き留める。 私は、魚料理は苦手だ。捌くのも下手だし、皮を剥くのが下手くそすぎて捌くのに時間がかかりすぎて、魚の鮮度が落ちまくって。その度に、魚達に「ごめんねぇ」という気持ちになる。 素材を上手に丁寧に調理し、食材の代弁者が料理人なんだなぁ。と思う。そして、その食材や調理過程を知っている人が、本当の「食通」だと思う。 有名なお店の、高級な食材を使った料理を食べて「食通」を語っているヤツら。そいつらが、食のルートをおかしくしていることに気がつかないのか。 「フランス産のフォアグラ、トリュフを使用した」「香港から直送の高級なツバメの巣、フカヒレです」「三つ星レストランのシェフが監修した」 世の中にはびこる、人々を魅了するキャッチコピー。日本には、あらゆる国の食べ物が存在し、食べられないものはないかもしれない。 だけど、そんな情報に踊らされているばかりで日本の食文化は、これから大丈夫なのだろうか? 与えられているものばかりに固執し、自分の身近にある食文化を疎かにしていないか? これは、自分への戒めでもある。 祖母がいなくなったら、味噌も梅干しも購入するしかないのか?郷土料理が作れなくていいのか? 今の時代は、なんでもググればわかるけど、自分たちで口にするもののルートは、わかっておきたい。最近、つくづく食一つとってみても、怖い世の中だなぁ。と思う。 ローカルのグルメ本もいいけど、もっと掘り下げた本当のグルメ本を出して欲しい。 ジャーナリズムにも問題がある。もっと大切なことを伝えるようにして欲しい。    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 主な制作料金コチラからどうぞ(^^)/ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。 デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」があなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/135,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★Facebook https://www.facebook.com/damalish★teitter https://twitter.com/Damalishcom★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/★Homepage http://damalish.com★Blog http://blog.damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP