日記

あ・き・す・と・ぜ・ね・こ

 昨夜、伝説のアイドルグループ光GENJIのYoutube動画を夜な夜な検索しては見入って、学生時代の自分のタイムスリップしていた。 そんな中で「あ・き・す・と・ぜ・ね・こ」という歌を見てそういえば、これって占いじゃなかったっけ?よし、ブログネタにしよう!ということで、こうして書いている。 「あ・き・す・と・ぜ・ね・こ」あ=愛してる き=嫌い す=好き と=友達ぜ=絶好 ね=熱愛 こ=恋人 私が小学5年の頃、恋占いで、休み時間仲の良い友達と集まってやったり、ライバルと好きな人の関係を占ったりして、一喜一憂していたっけ。占いというよりは、言葉遊びに近いよなぁ。 では、ここで「あ・き・す・と・ぜ・ね・こ」のやり方を説明しよう!ダマリの本名「西溜美和」と「大沢たかお」で占って見る。  step1 それぞれの字をひら仮名からローマ字に変える。  step2ローマ字の各母音を(a=1,i=2,u=3,e=4,o=5,n=1)に変換する。たとえば「に」の母音は「い」なので「2」となる。※「ん」は「1」とする。  step3 変換した男女の共通する数字を消す。ダマリの例では、男女双方に「1」があるので、それらはすべて消去。  step4 残った数字を、男女それぞれで合計する。例では、大沢たかおは、5 + 5 = 10、ダマリは8。  step5 それぞれの数字を「あ=1、き=2、す=3、と=4、ぜ=5、ね=6、こ=7、あ=8、き=9、す=10 ……」と数える。例では、大沢たかおの10は「す」、ダマリの8は「あ」。 冒頭で述べた「あ・き・す・と・ぜ・ね・こ」に当てはめる。あ=愛してる き=嫌い す=好き と=友達ぜ=絶好 ね=熱愛 こ=恋人  step6ゆえに、大沢たかおは、私のことを「好き」でダマリは、たかおのことを「愛してる」。結果的に相思相愛ということにwww(ナンジャコリャw)step3の時点で数字がすべて消えた場合、step4の文字に変換できないが、この場合は「運命の人」を意味しているらしい。 地域によって色々やり方や意味も変わって来るだろう。  当時は、キューピット様、こっく○さん、などなど色々な占いが流行っていたなぁ。スマホなどない時代。いい時代を過ごせたと思う。 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。 デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ 主な制作料金コチラからどうぞ(^^)/ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」があなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/135,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★Facebook https://www.facebook.com/damalish★teitter https://twitter.com/Damalishcom★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/★Homepage http://damalish.com★Blog http://blog.damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP