デザインコラム

シンプルの履き違え

お客様に、美味しいお土産をいただいた。通販をしていないため、現地調達しかできないものでわざわざ買ってきてくださった。 それが、これ。↓  そのお客様は、私が「本物」だと勝手に決め付けている社長さん。何にでも素晴らしいこだわりを持っていて、いつも食べさせていただく食べ物やお菓子も、美味しい。 私は、この「たまり漬」をいただいた時にパッケージが「シンプル」極まりないことに感動した。「シンプル」であるためには、商品に自信がないとできない。 ただ、ここで意味を履き違えてはならない。商品に自信があるからと言って、中身が見えるパッケージにしただけでは「シンプル」とは言えない。 この間、水産加工会社の社長さんとパッケージのお話をさせていただいたのだが中身に自信があるのは、どこのお店も同じ。だからと言って、商品が醤油漬けや味噌漬けなどの加工品は色が地味になる。 だから、パッケージデザインがとても重要。私は、このお話にものすごく共感した。この部分を分かっている生産者さんはなかなかいないから。 「シンプル」というデザインは、とても難しい。このいただいた「たまり漬け」は、ラベルのデザインがキラリと光っている。うまいなぁ〜〜〜〜。と唸ってしまった。 よだんだが、女性のナチュラルメイクもそう。ナチュラルが好きだからと言って、日焼け止めも塗らず、ファンデも塗らず、眉毛もボサボサ、唇は血色がなくザラザラ。では意味が違う。 デザインで言えば、いかに商品を引き立たせるか、ブランディングできるか。メイクで言えば、いかにナチュラルビューティーにメイクできるか、肌を育てられるか。 「シンプル」が大好きなダマリは、自分の魂を磨かなければ、本当のシンプルにはなれない。そう思っている。  ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////  2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時ダマリも出展します! <印刷物制作アドバイス>フェスタ特別価格/1枠20分…2000円詳細・ご予約はこちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP