ダマリ紀行

[USA]ルート66

 ラスベガスで私は、レンタカーを借りる予定だったがレンタカーの鍵を受け取るなり、急に怖気付きその場でキャンセルしてしまった事がある。 自分で運転して、アメリカのグランドサークルを周る予定だったが、右ハンドルや、アメリカのデカさにビビッてしまい、レンタカーの店員さんを困らせた。 そんな背景もありつつ、安宿で参加者を募っていた日帰りグランドキャニオンツアーに申し込んだ。自分で運転しなくたって、気軽にツアーで楽しめば良い。 そう思った途端に、ナーバスな感情が一気に吹き飛んだ。 グランドキャニオンツアーは、フーバーダム、ルート66を通って行くパターンが多い。 その時の写真がコレ。 国際免許も取得して、ルート66を行くドライブブックまで購入したというのに。モーテルに寝泊まりしながら、一人ででかいUSAを周るというのはだいぶ無謀な計画だった。 今度アメリカリベンジするときは、アメリカ横断、グランドサークルを周るぞ。 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタサッポロ「好きを仕事にしたい」「人生をもっと楽しみたい」「自分を見つめ直したい」「楽しい仲間に出会いたい」一つでも当てはまる方必見!札幌に遊びに来ませんか? 2018年5月19日(土)@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時 ダマリも出展します!ダマリブースへ是非いらしてください(^^)詳細はコチラ ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP