ダマリ紀行

[まとめ]海外でのシャワーの浴び方

↑サルヴァドール・ダリのシャワールーム  海外旅行。リッチな旅をしている方には関係のない話なのでスルーしてちょんまげ。 海外を旅するときは、大抵安宿に泊まる。ゆえに、バスタブがあることなんてサラサラない。USAのホステルにはついていたけど、お湯をためて怒られた経験ありw(ガムテープで排水溝をふさいだ) あたたかい国なら、そんなに懸念しなくてもよいシャワーだが寒い国でのシャワーは、慣れないとなかなかキツイ。 そこで、安宿のシャワーの浴び方を書いてみる。まず、シャワーからお湯が出ることを確かめたらシャワーを手に持たずに、両手をあけ、高い位置に設置してシャワーを浴びよう。 海外の場合、天井からそのまま出ているタイプが多い。まずは、背中全体を温めよう。背中と、首の後ろを温める。すると、寒さをあまり感じなくなる。 温まってきたら、まずは頭を洗い、次に体へ。なぜ、先に頭を洗うかって? 海外のシャワーは、時々温水から水に変わることが多い。何度も経験している。多分、日本人はお湯を浴びる時間が長すぎて保温しているお湯を使い果たしてしまうのではないだろうか………。 先に頭を洗っておかないと、お湯から水に変わってしまったら頭も洗えない、悲惨な状態となる。風邪をひかないように注意しよう。 そして余談だが、海外のシャワールームは、ビーサンを履いて入るのが良い。綺麗な場所もあるけど、大概共同なので、汚い場合がある。 そして、シャワールームに貴重品・パスポートを持ち込むこと。ジップロックに入れておけば、水にも濡れずにOKだ。 お風呂に入りながら、旅を思い出して書いてみた。参考までに。  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時 名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ フェスタ特別価格/1枠20分…2000円詳細・ご予約はこちらから///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP